月刊 医学と薬学

 > 月刊 医学と薬学 >  過去文献 > 2011一覧 > 医学と薬学 66巻6号2011年12月

医学と薬学 66巻6号2011年12月

医学と薬学 66巻6号2011年12月
特集:高血圧治療の現状なし

  • Dec.2011 Vol.66 No.6
  • 2011年12月25日 発行
  • 2,160円(本体 2,000円)
  • 360円
注文する

特集:高血圧治療の現状

   
高血圧症治療とガイドライン横浜市立大学医学部循環器・腎臓内科学垣本 みどり・他
高血圧症治療の実際大阪大学大学院医学系研究科老年・腎臓内科学神出 計・他
■他疾患を伴う高血圧症の治療
1)脳血管障害旭川医科大学内科学講座
(循環・呼吸・神経病態内科学分野)
片山 隆行・他
2) 心疾患慶應義塾大学医学部内科丸山 達也・他
3) 腎疾患東海大学医学部腎内分泌代謝内科梅園 朋也・他
4) 糖尿病金沢大学大学院臓器機能制御学(第2内科)武田 仁勇

総説

   
PPIのCYPによる薬物代謝琉球大学宇野 司

研究

   
脂質異常症例に対するアトルバスタチン 10mg とロスバスタチン 2.5mg および 5mg の脂質改善効果の比較円山リラクリニック森田 裕子
当院におけるストロングスタチン投与による脂質改善効の実態調査医療法人社団鎌田医院鎌田 文隆
高コレスレロール血症を合併する慢性腎臓病(CKD)患者を対象としたスタチン投与による脂質改善効果および 腎機能に及ぼす影響についての検討川原 腎・泌尿器科クリニック川原 和也・他
動脈硬化性疾患中リスク以上の高コレステロール血症患者におけるストロングスタチンの有効性と完全性の検証えとう循環器科・内科江藤 琢磨
当院を受診した胃食道逆流症(GERD)患者における実態調査 東京警察病院鈴木 剛

薬理・薬剤

   
医薬品副作用症例データベースの応用 18
抗血小板薬であるシロスタゾールとチクロピジンの有効性・安全性および経済性の比較検討
新潟薬科大学宇野 宗司・他
医薬品副作用症例データベースの応用 19
クロチアゼパムとエチゾラムの有効性・安全性および経済性の比較検討
新潟薬科大学金子 俊郎・他
クロチアゼパムとエチゾラムの有効性・安全性および経済性の比較検討新潟薬科大学金子 俊郎・他
医薬品副作用症例データベースの応用 20
トリアゾラムとゾピクロンの有効性・安全性および経済性の比較検討
新潟薬科大学宮下 和歩・他
医薬品副作用症例データベースの応用 21
血管拡張薬である塩酸ヒドララジン,ブドララジンおよびカドララジンの有効性・安全性および経済性の比較検討
新潟薬科大学仲島 陽介・他

臨床報告

   
冷えを伴う腰部脊柱管狭搾症の下股痛および腰痛に対する当帰四逆加呉茱萸生姜湯の有効性の検討岡本整形外科(神奈川県大和市)岡本 仁志
スギ・ヒノキ花粉症における初期療法の検討―エバスチン(エバステルOD錠)投与による観察研究―姫路聖マリア病院小川 晃弘・他
季節性アレルギー性鼻炎に対する漢方薬剤の有用性の検討―抗ヒスタミン剤との併用効果について―金子耳鼻咽喉科クリニック金子 達

Diagnosis

   
C.trachomatisとN.gonorrhoeaeの新たな遺伝子検査法
―cobas4800CT/NGtest(TaqManPCR法)の性能評価およびうがい液および女性尿からのC.trachomatisとN.gonorrhoeaeの検出―
札幌医科大学熊本 悦明・他
「ラピッドテスタFLU・NEO」の臨床評価永寿総合病院三田村 敬子
高速液体クロマトグラフィー・タンデムマススペクトロメトリーによるヒト血漿中ドネペジル塩酸塩未変化体濃度の高感度測定法とその応用(第一報)―ドネペジル塩酸塩錠5mg「NP」およびドネペジル塩酸塩錠5mg「日医工」とアリセプト錠5mgの比較―株式会社日本医学臨床検査
研究所
芝本 潤一郎・他
高速液体クロマトグラフィー・タンデムマススペクトロメトリーによるヒト血漿中ドネペジル塩酸塩未変化体濃度の高感度測定法とその応用(第二報)―ドネペジル塩酸塩OD錠5mg「NP」およびドネペジル塩酸塩OD錠5mg「日医工」とアリセプトD錠5mgの比較―株式会社日本医学臨床検査
研究所
芝本 潤一郎・他
TIA法を用いたテオフィリンおよびバンコマイシン血中濃度測定の基礎的検討新潟薬科大学福本 恭子・他
6種HTLV抗体測定試薬の基礎性能について大阪大学出口 松夫・他
臨床検体を用いたHIV抗体検出第4世代試薬「エクルーシス試薬HIVcombi」の評価国立病院機構大阪医療センター眞能 正幸・他
かかりつけ医でのアルブミン尿検出における濃度補正尿試験紙の有用性山形大学今田 恒夫・他
B型急性肝炎,慢性肝炎の鑑別におけるHBc抗体測定試薬(CLEIA法)の有用性の検討国立病院機構長崎医療センター八橋 弘・他
免疫クロマトグラフィー法を用いた新しい抗環状シトルリン化ペプチド抗体(抗CCP抗体)検出試薬「MEBChromCCPテスト」の検討神戸大学林 繭子・他
全自動化学発光免疫測定装置”HISCL-2000i”を用いたHIV抗原抗体同時測定試薬の基礎性能評価国際医療研究センター病院
エイズ治療・研究開発センター
土屋 亮人・他
自己抗体測定試薬エリア「MPOs-ANCA」「PR3s-ANCA」および「GBM」と従来法との比較検討ファディア株式会社平田 寛之・他