月刊 医学と薬学

 > 月刊 医学と薬学 >  過去文献 > 2015一覧 > 医学と薬学72巻6号2015年6月

医学と薬学72巻6号2015年6月

医学と薬学 72巻6号2015年6月
特集:COPDと間質性肺炎の最新動向なし

  • Jun. 2015 Vol.72 No.6
  • 2015年5月27日発行
  • 2,000円+税
  • 360円
  • 978-4-915525-68-1
注文する

特集:COPDと間質性肺炎の最新動向

   
序文札幌医科大学医学部呼吸器・アレルギー内科学講座高橋弘毅
大気汚染とCOPD北海道大学大学院医学研究科内科学講座呼吸器内科学分野猪又崇志・他
全身性疾患として捉えるCOPD山形大学医学部内科学第一(循環・呼吸・腎臓内科学)講座柴田陽光
COPD治療と長期管理の新たな展開横浜市立大学大学院医学研究科呼吸器病学金子 猛
間質性肺炎とCOPDのオーバーラップ神奈川県立循環器呼吸器病センター呼吸器内科小倉高志
特発性肺線維症の診断と新規治療薬札幌医科大学医学部呼吸器・アレルギー内科学講座千葉弘文
間質性肺炎に合併する肺高血圧症の治療札幌医科大学医学部循環器・腎臓・代謝内分泌内科学橋本曉佳
膠原病関連間質性肺炎の診断・治療浜松医科大学医学部医学科内科学第二講座須田隆文
間質性肺炎の呼吸リハビリテーション公立陶生病院呼吸器・アレルギー疾患内科近藤康博・他

研究

   
インスリン治療にDPP-4阻害剤併用によるインスリン量とHbA1cの変化ならびに併用後の患者満足度の検討愛知県厚生農業協同組合連合会知多厚生病院内科丹村敏則
インスリン治療による低血糖と日常生活への影響に関するアンケート調査—インスリン−ライフ・バランス調査—横浜市立大学大学院医学研究科分子内分泌・糖尿病内科学寺内康夫・他

臨床報告

   
肥満2型糖尿病患者におけるダパグリフロジンの有効性菅原医院菅原正弘

Diagnosis

   
全自動化学発光免疫測定装置を用いたPIVKA-II測定の基礎評価信州大学医学部内科学第二講座梅村武司・他
全自動化学発光免疫測定装置を用いた血中CMV IgGおよびCMV IgM測定試薬(アーキテクト®・CMV-Gおよびアーキテクト®・CMV-M)の基礎評価アボット ジャパン株式会社総合研究所熊田洋高・他
CLEIA法を用いたアンチミューラリアンホルモン(AMH)測定試薬の基礎的検討ベックマン・コールター株式会社ダイアグノスティックス学術統括部柳田小百合・他
2種類のHCV抗体測定試薬の反応性の比較名古屋市立大学病院中央臨床検査部滝澤早希・他