マンガワンは違法?安全なアプリかの確認や、やばいと噂のNG行為

マンガワン

マンガワンのアプリ自体は違法ではありません。

確かに漫画を無料で読めるし、人気作品も扱っているマンガワンが怪しいという気持ちはわかります。

ただ小学館が運営している漫画アプリで、許可をとって漫画を掲載しているので問題はありません。

今回はマンガワンの安全性や危険な使い方を紹介します。

より安心してマンガワンを使うために、気をつけていた方が良いことを今のうちに知っておきましょう。

スポンサーリンク

マンガワンは違法?安全かを調査

ネットでは漫画を無料で読める違法サイトがあります。

漫画村や漫画タウンなど利用者にとっても危険な違法サイトがあるので、マンガワンを疑ってしまう気持ちもわかります。

そこでマンガワンが本当に違法ではないのかを『①運営会社・②利益の仕組み・③利用者の声』から見ていきましょう。

① マンガワンの運営会社は小学館

マンガワンの運営会社は小学館です。

サンデーなどを連載している会社が運営する漫画アプリなので、違法かと疑う必要はありません。

実際に電子書籍配信アプリである証明といえるABJマークも公式サイトに掲載されていました。

出典元 マンガワン

実際にマンガワンは累計2000万ダウンロードを突破している人気アプリ。

運営も5年を超えるので、アプリ自体に危険性はありません。

漫画を安全に読みたいなら、マンガワンのように安全性が高いアプリを選びましょう。

参考⇒漫画アプリのおすすめ5選安全でお得なアプリ

② マンガワンが利益を生む仕組み

そうはいっても漫画が無料で読めるのって、ちょっとオカシイと思いますよね。

そこで次はマンガワンのビジネスモデルについて見ていきます。

マンガワンの利益は大きく分けて課金と広告に分かれます。

実はマンガワンは多くの作品が無料で読めるのですが、無料で読めるのは序盤のストーリーだけ。

全話無料の作品も扱っていますが、多くは終盤になるにつれ課金が必要なんです。

何となく読み始めた漫画に興味を持ち課金して続きを読む

そんなユーザーが多いのでマンガワンはお試しとして無料で漫画を読むことができるんですね。

さらにマンガワンでは広告料も収入源となっています。

マンガワンではSPライフがもらえるCM動画や、案件を扱っています。

こういった別の企業から広告料として収入を得ているので、漫画を一部無料で掲載しているんですね。

こういった収益モデルはマンガワンに限らず多くの漫画アプリで導入されています。

③ マンガワンにも改悪による苦情はあった

出典元 デメリット

基本的には安全なマンガワンですが、過去には改悪がありました。

例えば一度読んだ話が、24時間しか読み返せなくなったという点。

以前はいつでも読み返せたのに、アップデート後に急に制限がかかったんですね。

24時間を超えればSPライフを使わないと読めなくなったのも利用者からの苦情につながりました。

あと個人的に残念だったのは、SPライフがもらえる”おみくじ”がなくなったこと。

以前は運だめしとして、おみくじを引きSPライフが当たったこともありましたが、アップデートにより廃止。

このようにアップデートにより改悪されることはあり、利用者からの不満はあります。

参考⇒マンガワンの使い方!超基本的な活用方法

マンガワンは違法なのか?

  • 小学館が運営する正規の漫画アプリ
  • 課金や広告により収益を確保しているので問題ない
  • ただ改悪される可能性はある
スポンサーリンク

マンガワンはやばい?危険な利用法

安全な漫画アプリであるマンガワンですが、使い方次第ではリスクがあります。

次の3つの目的で使うのは避けた方が良いでしょう。

① 作品のスクショ

作品の気に入ったシーンをスクショするのは辞めましょう。

利用規約に反した使い方になります。

マンガワンはSPライフを使えば、気に入った話を読み直すことができます。

なので好きな漫画はお気に入り登録をして、何度も読み直せるようにした方が安全です。

参考⇒マンガワンはスクショできる?リスクと代替案

② リセマラでSPライフを獲得するのもダメ

マンガワンはキャンペーンで初回DL時にお得に漫画が読めることがあります。

そういったキャンペーンを何回も狙うためのリセマラも辞めましょう。

もともとマンガワンではアプリ削除後に再インストールしてもリセマラはできない仕様になっています。

同じ端末で特典はもらえないので、案件やCM動画を使ってSPライフを獲得していきましょう。

参考⇒マンガワンのライフ活用法!

参考⇒マンガワンのSPライフを入手する方法!

③ 引継ぎは正しい手順で行う

マンガワンに限った話ではありませんが、新しい端末への引継ぎは慎重に行いましょう。

引継ぎに失敗すると、下手をすると使用履歴が削除されてしまうリスクもあります。

細かい手順は以下の記事でまとめてあるので、端末の変更時に参考にしてください

参考⇒マンガワンの引継ぎ手順!画像で解説

マンガワンの危険な使い方

  • スクショしようとする
  • リセマラを狙う
  • 引継ぎで失敗してアカウントを失う
スポンサーリンク

マンガワンの安全な使い方

  • マンガワンが違法ではないのはわかった
  • でも実際に使うのは少し勇気がいる

そんな人のために、マンガワンをより安心して使う工夫を紹介します。

リスクを減らした使い方ができるのもマンガワンの魅力ですよ。

① マンガワンを登録せずに使う!無料登録もなし

マンガワンを使うのが不安なら、会員登録せずに使いましょう。

ライフやSPライフなど基本的な機能だけなら、マンガワンで会員登録する必要はありません。

ダウンロードして漫画を読み『やっぱり辞めよう』と思ったらアプリを削除すればいいだけ。

会員登録せずに使うのがリスクがない使い方となります。

参考⇒マンガワンのおすすめ作品を厳選!小学館の名作を見逃すな

② マンガワンを課金せずに使う

アプリを使うときのリスクは課金関連が多いです。

課金したのにチケットがもらえないとか、身に覚えのない出費があるなど。

そういった不具合が怖いなら、マンガワンを課金しないで漫画を読み進めていきましょう。

確かにマンガワンではチケットがないと読めない作品もあります。

ただ一方で全話無料など、ライフやSPライフだけで読み進めることができる作品も多く扱っています。

課金しなくてもマンガワンでお得に漫画を読むことはできますよ。

参考⇒マンガワンをできるだけ無料で使う方法

課金してチケットを購入するのはマンガワンへの不安感が無くなってからでOK。

最初から無理にマンガワンで課金する必要はありません。

参考⇒マンガワンのチケットをお得に購入する方法

③ 他の漫画アプリも安全性を重視して選ぶ

マンガワンがいくら安全性が高くても、他の違法サイトを使えば台無しです。

不正ログインや個人情報の流出の原因になる恐れがあるからですね。

なので他の漫画アプリも運営会社が信頼できるアプリを選びましょう。

参考⇒漫画アプリのおすすめ!安全でお得なアプリ5選

さらにスマホにもセキュリティ対策をしておくと安心。

セキュリティ対策アプリを入れておくと、普段からより安心してアプリを使えますよ。

セキュリティ対策アプリの例

  • マカフィー
  • ノートン
  • ウイルスバスター
スポンサーリンク

マンガワンは違法ではない!より安全を意識して使おう

マンガワン自体は違法アプリではありません。

出版社である小学館が運営している漫画アプリなので安全性は高いと言えます。

ただ無理やりスクショしようとしたりリセマラを狙うのはNG。

無料でも使いやすいのがマンガワンの特徴なので、まずは課金せずにお試しとして使ってみることをオススメします。

“ちょい足し”機能など他の漫画アプリにはない楽しみ方もありますよ。

参考⇒マンガワンのちょい足しって?

コメント

タイトルとURLをコピーしました