『ネトラセラレ』の1巻のネタバレ!伊澄秀次郎が春花に頼んだ”お願い”とは?

夫婦

今回は『ネトラセラレ』の1巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『ネトラセラレ』はその後の成人漫画の定番シチュエーションとなるNTRを題材にした作品。

結婚から二年目の秀次郎と、「他の男と寝て欲しい」と頼まれた春花の二人を描いた夫婦の話。

もし漫画で『ネトラセラレ』の1巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えば『ネトラセラレ』の1巻(693円)を割引して93円で読めますよ。

出典元 U-NEXT

『ネトラセラレ』の1巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って1巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめます。

(18歳以上なら見放題作品の中の大人向け動画も視聴可♥)

▼『ネトラセラレ』の1巻が読める▼

※この記事の情報は2021年1月時点のものです。

『ネトラセラレ』の1巻のネタバレ!夫の秀次郎が妻の春香へ頼んだ夜のお願い

ではさっそく『ネトラセラレ』の1巻の内容を話していきます。

今回の1巻の内容は以下のとおり

『ネトラセラレ』の1巻の情報

  • 発売日 2014年7月26日
  • 出版社 竹書房
  • 掲載雑誌 ナマイキッ!

『ネトラセラレ』の1巻の目次

  • 第1話 いつわり
  • 第2話 おねがい
  • 第3話 あてつけ
  • 第4話 はじまり
  • 第5話 あいする
  • 第6話 ふたらび
  • 第7話 たちあい
  • 第8話 おもいで
  • 第9話 だめだし

『ネトラセラレ』の1話のネタバレ 義務的な子作り

この漫画の主人公である伊澄秀次郎と春花は子供が欲しいので、今日も子作りに励んでいました。

『春香…出そう』という秀次郎に『中に来て』と答える春花。

お互いに気持ちよかったといい、仲の良さを感じさせる夫婦。

伊澄秀次郎は銀行に勤めていて、仕事終わりにみんなで飲みに行きます。

上司の後藤が『橘。じゃない伊澄。』と秀次郎に呼びかけ、婿養子になったことをイジります。

秀次郎は二次会には行かず一次会で帰ろうとしますが、後輩の河井は残念そう。

後藤は『こいつの奥さんは乳がコレだから。早く帰ってチュッチュしたいんだよ』と酔って最低の言動(笑)

秀次郎が家に帰ると、春花は精がつきそうな食事を作っていて、赤ちゃんが欲しいことが伺えます。

夜になり『じゃあしよっか』と子作りを始まる秀次郎と春花。

秀次郎は義務的にアソコを舐めますが、春花は心の中ではまだ胸を舐めてほしかったみたい。

一生懸命にする秀次郎ですが、春花の『秀ちゃん、顔が怖い』との一言で萎えてしまいます。

『春花は悪くない』という秀次郎ですが、春花も『毎日義務みたいじゃ辛いよね』と不安になります。

『初めて同士だから』とフォローする秀次郎。

春花も『私も秀ちゃんが好き』と答え眠りにつきます。

しかし秀次郎は春花が寝静まったあとに、トイレに行き一人でアソコを触っていました。

『ネトラセラレ』 2話のネタバレ 秀次郎の告白

その日も秀次郎と春花は子供が欲しいので愛し合うことに。

しかし春花が『秀ちゃん、そろそろ』と言いますが、秀次郎はアソコが大きくならず『今日もダメだ』とつぶやきます。

春花はその言葉を聞いて『私だってこれくらい知ってます』と秀次郎のアソコをペロペロと舐めます。

しかしいくら舐めても、秀次郎のアソコは萎んだまま。

つい秀次郎は『他の男と、してみないか』とつぶやきますが、『ごめん、何でもない』とごまかします。

翌日はお互いの両親と一緒に食事をすることに。

昔からの仲だった橘家と伊澄家。

秀次郎の父親は『孫はまだか?そのためにお前を伊澄さんのとこへやった』と急かします。

秀次郎もさんざん言われているのか『わかってる!』と怒り気味。

秀次郎はクリニックでカウンセリングを受けたときに『性的刺激のズレ。癖に合うやり方をされていないのでは?』と言われていました。

そんな秀次郎に声を掛けたのが春香の父親。

『跡取りができず、すいません』と言う秀次郎に『君が婿に来てくれただけで感謝している。焦らなくていい』と言います。

家に帰ってご飯を食べると、その日の料理も精がつきそうなものでプレッシャーを感じる秀次郎。

『やっぱり子供欲しい?』と聞く秀次郎に『欲しい』と即答する春花。

秀次郎が『焦らなくていいと言われた』というと春花は『お父さんは関係ない。私が赤ちゃん欲しい』と言い返されます。

春花は『赤ちゃん欲しくないの?なんで夜が上手くいかないの?』と涙を浮かべながら問い詰めます。

秀次郎は何も言えずにいると春花は怒って『わかったもう良い』と立ち去ろうとします。

そんな春花に秀次郎は土下座をして『一つだけ頼みたい。他の男と寝てほしい』と伝えました。

『ネトラセラレ』3話のネタバレ 春花の普通と秀次郎の普通

『他の男と寝てほしい。じゃないと僕はできない』と土下座する秀次郎。

以前から春花が他の男としてるのを想像しながらアソコを立たせていたと告白します。

春花は『そんなの変。普通じゃない』と答えます。

すると秀次郎は『春花の普通に精一杯答えてきた。それなのに春花は僕の普通を考えてもくれない』と嘆きました。

秀次郎の衝撃のお願いから数日後。

春花は今まで秀次郎のことを何もわかっていなかったということがショックだったみたい。

寝てる時に、宅配便の男との変な夢まで見てしまう春花。

トイレに入って自分の指でアソコを触り果ててしまいます。

そして寝室に戻り秀次郎に『私かっこいい人が良い。秀ちゃんより優しくて、笑顔がステキな人が良い』と言います。

秀次郎は泣きながら『ありがとう春花』と答えました。

そして秀次郎は自分で相手を選び、春花と会わせることにします。

『ネトラセラレ』 4話のネタバレ 春花の一人目の男性

春花は相手と待ち合わせをしていると、そこに年配の男性が現れました。

『えっ本当に私、この人とするの?』と戸惑いを隠せない春花。

ホテルへ行きますが、春花は少し相手の男性を警戒しています。

すると男性は自分の娘の写真を出して『世界一可愛い』という話を。

春花も『悪い人じゃなさそう』と思ったところで男性はキスをして、そのまま春花を押し倒します。

そのまま服も脱がして胸をクリクリと触り『ダメなのはわかってる。だからこんなにドキドキしてる。春花さんもでしょう?』と言う男性。

春花も『ダメなのに…』とアソコはグショグショに塗れていました。

そしてそのまま指でなぞられるだけで果ててしまう春花。

そのまま男性のモノも受け入れて本当に他人と寝てしまいます。

すると春花は秀次郎から渡された集音マイクがあることを思い出し、さらに興奮してアソコが締まりました。

立って後ろから出し入れされる春花はそのまま男性と一緒に果ててしまいます。

その音の一部始終を聞いていた秀次郎も、泣きながら発射していました。

『ネトラセラレ』の5話のネタバレ 初めて結ばれた気がした

秀次郎はそのままホテルの部屋へいき、行為が終わったばかりの春花のもとへ急ぎます。

『秀ちゃん。止めてほしかった』という春花を抱きしめて、『したい』と春花のアソコに顔を押し付ける秀次郎。

春花は『汚いよ。待って今は体が…』と敏感になっているようで、秀次郎の『他の男の匂いがする』という言葉に果ててしまいます。

『秀ちゃん、お願い。もっとやさしく』という春花ですが、秀次郎はそのままモノを入れてすぐに発射。

そのまま萎むことなく2回戦をして春花に『そんなにあいつのよかった?』と言い二人ともイッてしまいました。

帰りの車で秀次郎は『僕は最低だ。でも初めて本当の意味で結ばれた気がしてる』と思っていました。

『ネトラセラレ』 6話のネタバレ また萎んだまま

別の男に寝てもらってからは、秀次郎は完全に男として復活。

出社前のギリギリまで子作りに励んでいました。

充実していて、そんな秀次郎を見て嬉しそうな春花。

『真っすぐ帰ってきてくれて元気になって。これでよかったって思えた』という春花を後ろから抱きしめ『したい』という秀次郎。

しかし以前のようにベッドで形式的な子作りとなると、また秀次郎はしぼんでしまいます。

『そんなはずはない』とトイレへ行き、前回の春花が別の男としていた音声を聞きながらアソコを刺激します。

異変に気付いた春花はトイレを開けると秀次郎は『まただ。また萎んだ』と落ち込んでいました。

『ネトラセラレ』の7話のネタバレ 春花と二人目の男性

チャラそうな男が部屋に入り、春花を見るなり『すっげー美人。こんなネーチャンとやれんの?』と叫んでいます。

どうやら秀次郎と春花は、また別の男性に頼んだようで、今度は秀次郎も現場にいることになりました。

チャラい男は『俺だったらこんな美人な奥さん他の野郎とさせるとかありえねーし』と興奮気味。

春花は『こういう人ちょっと苦手なのに』と内心では感じていました。

いきなりスカートをめくる男性。

やめてくださいという春花に『じゃあパンツ脱いで見せて』という男。

自分で下着を脱ぐ春花ですが、実は濡れていて『奥さんも期待してたんじゃないか』と男は大声で指摘します。

『違うの』という春花ですが、男は手で触り『シャワーの水にしてはネットリしてる』といい舐め始めます。

『こんなヒクヒクして』という言葉を聞いて、ビクっと果ててしまう春花。

男の行動はエスカレートして、今度は挿れるところを秀次郎に見えるようにして行為に及びます。

ズボっと入って『あっ。アッ。秀ちゃんみないで』と声を出す春花。

さらにシュワっと潮まで出て、その潮が秀次郎に当たります。

秀次郎は挿れられたままの春花のアソコに口を当てて、舐め始めました。

秀次郎は『子作りのためとか、春花のためではない。僕は今満たされている』と実感していました。

『ネトラセラレ』の8話のネタバレ 思い出の観覧車

秀次郎と春花は昔二人でデートした場所を歩いていました。

子供連れの家族を見て和やかになる二人。

高台から観覧車と高校が見えたので、観覧車に乗りに行くことに。

二人が乗った観覧車は当時、春花と恋人が乗ったもので”はるちゃん、すきだ”と書かれていました。

そこで春花は当時恋人だった先輩とキスしたようです。

そんなことを知らない秀次郎は、『覚えてる?僕がここでプロポーズしたの?』と聞きます。

『あの頃は純粋だったな』という春花に、秀次郎は『今の春花が今までで一番好きだよ』と言います。

春花は『ありがとう』といいつつ、心の中で(今の私の何が好きなの)と思っていました。

それからも秀次郎は別の男性と寝てもらうように春花にお願い。

その日は未経験の男性だったようで、緊張してアソコがしぼんでしまったみたい。

すると春花は自らその男性のアソコを舐めて、そのまま口で発射させました。

ドロっと液体を手に出す春花。

秀次郎の顔を見ながら『嫌なら止めてよ。じゃなきゃ私もやめない』とそのまま男の上に乗りアソコを入れました。

『ネトラセラレ』の9話のネタバレ ヤケクソの春花が元カレと出会う

それ以降も定期的に春花に別の男性と寝てもらうように頼む秀次郎。

その日は引っ越し直前の男性の家へ向かっていました。

その男性は同棲していた彼女に浮気されたみたいで、その思い出が嫌で引っ越すようです。

春花は『浮気された怒らない方が変です』と自ら手をつなぎます。

男性は春花の胸をツンツンと触り『柔らかいのに重量感がある』と感触を楽しんでいました。

そのまま69の体勢になりお互いのアソコを舐め合います。

春花は上に乗って男性のアソコを舐めながらビクビクと果ててしまいました。

春花は自分のアソコを指で広げて『ここに入れて』とお願い。

男性は『元カノより全然イイ』と言いながら腰を動かし、春花も『私も奥、気持ちいい』と。

後ろから攻められる春花は胸をキュっとつねられた瞬間に『ひぅ。いっちゃう』と男性と一緒に果てました。

そのまま二人で帰っていると秀次郎は『春花、無理してない?』と言います。

『ヤケになっているように見える。もっと春花らしく恥じらってほしい』とお願いしました。

春花はカァっと顔を紅潮させて『私らしくって何?そんなものもうどこにも…』と泣いてしまいます。

『どうしたらいいの?泣いて抵抗するの?断るの?』と怒ってしまいました。

そんなときに声を掛けたのが、高倉先輩。

その人は春花が初めて付き合った人でした。

『ネトラセラレ』の1巻の内容は以上となります。

もし漫画で『ネトラセラレ』の1巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『ネトラセラレ』の1巻(693円)を割引して93円で買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめますよ。

(大人向け動画も見放題作品に入っていますよ♥)

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『ネトラセラレ』の1巻を読む

『ネトラセラレ』の1巻の感想!続きが気になるとの声

『ネトラセラレ』の1巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

もし続きが気になるなら、『ネトラセラレ』2巻の内容も読んでおきましょう。

参考⇒『ネトラセラレ』の2巻のネタバレ

『ネトラセラレ』を1巻のネタバレ!高倉先輩が登場して春香との関係が変わる?

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 秀次郎は春香との夜に不満を持っていた
  • そこで春香に他の男と寝てほしいと頼む
  • 見知らぬ男たちと寝る春香
  • 春香が初めて付き合った男が登場

このような流れとなっています。

ちなみに『ネトラセラレ』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば割引して単行本を買って読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『ネトラセラレ』を全巻どれでも無料で読む方法を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました