『ぼくは麻理のなか』の5巻のネタバレ!小森功が麻理に告白!?小森のアレを手で触ったことで好かれる

学園

今回は『ぼくは麻理のなか』の5巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『ぼくは麻理のなか』の4巻までの流れは以下の通り。

  • 麻理が学校に行ってないことがバレる
  • 麻理(小森)がアソコを触っていると麻理から電話がかかってきた
  • 学校へ行くと、ももかに仲直りを迫られる
  • ももかと決別することを決めた麻理

もし漫画で『ぼくは麻理のなか』の5巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えば『ぼくは麻理のなか』の5巻(660円)を割引して60円で読めますよ。

出典元 U-NEXT

『ぼくは麻理のなか』の5巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って5巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめます。

▼『ぼくは麻理のなか』の5巻が読める▼

※この記事の情報は2021年2月時点のものです。

『ぼくは麻理のなか』の5巻のネタバレ!小森が麻理に手でアレを手伝ってもらい告白へ!

ではさっそく『ぼくは麻理のなか』の5巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れているなら、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『ぼくは麻理のなか』の4巻のネタバレはこちら

今回の5巻の内容は以下のとおり

『ぼくは麻理のなか』の5巻の情報

  • 発売日 2015年3月27日
  • 出版社 双葉社
  • 掲載雑誌 漫画アクション

『ぼくは麻理のなか』の5巻の目次

  • 僕らは仲間だ
  • ぼくは依の部屋のなか
  • 受け入れざる者
  • ぼくはほくを見る
  • ぼくの人生
  • 夜が明けても
  • 雪解け
  • ぜんぶほんとだよ
  • 初めての告白
スポンサーリンク

『ぼくは麻理のなか』の36話のネタバレ 依にオ○ニーしたことを打ち明ける麻理

麻理(小森功)は『僕は麻理さんの体を使ってオナニーしたとき、電話がかかってきた』と説明。

依は『何よ。そんなのももか達と一緒じゃん。』と泣きながら言います。

しかし麻理(小森功)は『それは違う、僕はあいつらよりひどい人間だよ。』と返事。

依はトイレの壁をドンと叩き、『ほんとお前って、どんだけ自分が好きなわけ?』と怒っていました。

すると麻理(小森功)は『依さんは何が違うの?僕と同じようにずっと遠くから見てただけでしょ?』と言い返しました。

依は『お前に何がわかる!本当に気持ち悪い』と連呼して動揺します。

依の手を取って自分の胸に当てて、麻理(小森功)は『また電話はかかってくる。今度は2人でとろう』と提案。

しかし依は『しね。ばか』と怒りが収まらないでいました。

『ぼくは麻理のなか』の37話のネタバレ 依の家を訪ねる

学校が終わると麻理の母親は校門で麻理を迎えに来ていました。

麻理(小森功)は母親に『今日、依を家に泊めて良い?』とお願いして、そのまま家に招待します。

依は『いつ電話があるかわからないから、一緒にいる』と伝えていたようです。

まず依は自宅へ行き自分の着替えなどを用意することに。

依が自分の家に戻っていると、麻理の母親が麻理に『ごめんね。お母さん、これからは麻理のこと見るから』と言います。

しかし麻理の問題が恋愛でのことだと思い込んでいるようで、完全な見当違いをしていました。

そんな母親といるのが嫌で麻理(小森功)は依の家に様子を見に行くことに。

依の家は扉が開いていて、麻理はそのまま部屋に入ります。

すると依の家には綺麗な女性がいました。

『ぼくは麻理のなか』の38話のネタバレ 依の姉もまり

依は恥ずかしそうに家を出ようとしますが、女性が『この子、ちゃんと紹介してよ』と言います。

麻理(小森功)は『はじめまして。吉崎麻理です。依さんと同じクラスの』と自己紹介。

するとその女性は『どーも、依の姉の茉里です。同じ名前だね』と笑顔で答えます。

依の姉は『お前友達いたんだ。せっかくだしゆっくりしていったら?』と言いますが、母親を外で待たせていると断る麻理。

家を出たとたんに依はしゃがみこみ『何で来るのよ』と泣き始めました。

麻理(小森功)は『お姉さんも”まり”って言うんだね?偶然じゃないよね?話してほしい友達だから』と言います。

依は泣きながら『うそつき。なんで私を傷つけるの?ずけずけ入ってくるの?』と反論します。

すると麻理の母親が家の前まで迎えに来たので、依は『やっぱり行くの辞めます』と家に戻ってしまいました。

『ぼくは麻理のなか』の39話のネタバレ 小森功は我慢できず

スマホを見ながら、麻理からの電話を待つ麻理(小森功)

その日は結局、電話がかかってこないようでした。

そして麻理(小森功)は、小森功が住んでいる家を訪ねます。

麻理(小森功)は小森功に『昨日、オ○ニーしてたときに麻理さんから電話がきた』と伝えます。

『死ぬほど気持ちよかった』という麻理をマジマジと見つめる小森功。

Tシャツ越しに乳首も浮き出ていて、それを見た小森功はトイレへ行ってしまいます。

麻理(小森功)がそのトイレの扉を開けると、小森功はトイレで自分のアソコを触りながらオ○ニーしていました。

『ごめんなさい』と謝る小森に、そのまま続けろよと言う麻理(小森)

小森功が自分のアソコを触っている姿を、麻理は間近で見つめていました。

スポンサーリンク

『ぼくは麻理のなか』の40話のネタバレ 麻理は手でアレのお手伝い

麻理(小森功)は小森のアソコを見ながら『どうした?続けろよ?』と言います。

しかし小森功は『だって恥ずかしいです』と戸惑っていました。

『大丈夫だよ。僕はお前なんだから。いつもみたいに足を伸ばしてさ』と言い返す麻理。

小森功は膝まづいた麻理を見ながら、アソコを触り始めます。

すると麻理は突然、笑い出して『今まで何回したんだろうな。だらしない顔で、汚い体で』と言い出しました。

そしてそのまま小森功のアソコを指で触り始めます。

麻理に触られた瞬間に果ててしまった小森功。

一方で依は狭いスペースで、麻理の写真を見つめていました。

姉が電話している声が聞こえるため、耳で手をふさぎながら麻理のことを想っているようです。

『ぼくは麻理のなか』の41話のネタバレ 休日に依が訪ねてくる

麻理(小森功)に手で触ってもらいイッてしまった小森功。

麻理はトイレットペーパーで液が付いた手をふき、『帰るわ』と玄関へ。

『もう少しいてくれませんか?』という小森に、冷めた目で『なんで?』と部屋を出ます。

翌朝になると麻理は土曜日ということで、ずっと寝ていました。

すると依が家に訪ねてきます。

『昨日はごめん』という依。『ちょっと話したい』と麻理を誘います。

一方で小森功は、麻理に手でしてもらったことを思い出して、何度も自分でオ○ニーをしています。

『ぼくは麻理のなか』の42話のネタバレ 過去の秘密

麻理(小森功)は着替えてメイクをし、依と一緒に外に出かけることに。

『何も食べてないからご飯でも食べに行こう』と麻理は大学のときに食べに来た洋食屋さんへ。

店内に入ると『変わってないな』と懐かしそうな麻理。

お昼を食べたあとは公園のベンチへ行き二人で飲み物を飲むことに。

依は『吉崎さんから電話来た?』と尋ねますが、『いや』と麻理は答えます。

依は『私もお前と一緒、ずっと遠くから吉崎さんを見てただけ』と正直に打ち明けます。

『姉はいつも主人公で、脇役だから人を遠ざけて自分を守ってきた。だから麻理が抱きしめてくれたとき嬉しかった』と言います。

麻理は『麻理さんも”また一緒に寝よう”って言ったし、嬉しかったんだよ』とフォローします。

すると依は『なんでそう言ったの知ってるの?私、絶対に言ってない』と二人だけのやりとりを麻理(小森功)が知っていることを疑問に思いました。

『ぼくは麻理のなか』の43話のネタバレ 保健室での出来事

『なんで私たちの会話を知ってるの?』と問いただす依。

麻理(小森功)は『泊まりに来た時に聞いた。そのときしかありえない』と答えます。

依は信じられずに『保健室での出来事をできるだけ詳しく話して』と麻理にお願い。

麻理は『麻理さんは依が泣いてたように見えた。だから小さい頃の自分みたいだなって思った。抱きしめたくなった』と答えます。

そして麻理は『またここで一緒に寝ようと言うと、依さんは少しだけうなずいた』と当時の話しをスラスラ話します。

麻理(小森功)自身も『なんで僕が覚えてるの?』と困惑。

その様子に依は『もしかして麻理さんは中にいるんじゃない?どこかに行ったわけじゃなくて』と言います。

しかしそれだと、麻理から電話がかかってきたことに辻褄が合いません。

それでも依は麻理が中にいると思い、泣きながら麻理を抱きしめます。

スポンサーリンク

『ぼくは麻理のなか』の44話のネタバレ 小森功が麻理に告白

そのまま依と麻理は、手をつなぎながら歩いていました。

『麻理さん家にくる?』と麻理は聞きますが、『今日は帰る。何か思い出したら知らせて』と答える依。

麻理(小森功)は家に帰り、自分の中に麻理がいると言われたことに戸惑っていました。

(もしかしてずっと見てたの?)と思っていると、電話が鳴ります。

(麻理さんからかも)とドキドキしながら確認すると、それは小森功からでした。

小森功は『今から会ってもらえませんか?』と言いますが、麻理は『今日は遅いし雨も降ってるし』と断ります。

しかし電話を切っても、また小森から電話がきて『窓の外をみてください』と言われる麻理。

麻理が窓の外を見ると、そこには小森功がいて『好きです』と告白しました。

『ぼくは麻理のなか』の5巻の内容は以上となります。

もし無料で『ぼくは麻理のなか』の5巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『ぼくは麻理のなか』の5巻を割引して60円で買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめますよ。

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『ぼくは麻理のなか』の5巻を読む

『ぼくは麻理のなか』の5巻の感想!麻理が手でした。

『ぼくは麻理のなか』の5巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

もし続きが気になるなら、ぼくは麻理のなかの6巻も読んでみましょう。

参考⇒『ぼくは麻理のなか』の6巻のネタバレ

『ぼくは麻理のなか』を5巻のネタバレ!小森功の告白の結果は!?

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • オ○ニーしたことを打ち明ける麻理
  • 依には”まり”という姉がいた
  • 麻理は小森功のオ○ニーを手伝う
  • 麻理は依との保健室での出来事を詳細に覚えていた
  • そのことから本当の麻理は麻理の中に眠っているのではと推測
  • 小森功が麻理に告白する

このような流れとなっています。

ちなみに『ぼくは麻理のなか』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば、好きな単行本をお得に読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『ぼくは麻理のなか』を全巻どれでも無料で読む方法を調べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました