『あひるの空』の1巻・2巻のネタバレ!漫画『あひるの空』の単行本の内容とストーリー

あひるの空1・2巻 スポーツ

今回は漫画『あひるの空』から1巻・2巻の内容(ネタバレ)をお話します。

1巻・2巻では主人公の空が九頭龍高校に入学してからバスケ部を引っ張っていく姿が描かれています。

最初は問題だらけだった部員たちも空のひたむきな姿勢に感化されて、徐々にバスケットボールに惹かれていきます。

1巻から2巻の全体的な流れは以下の通り。

あひるの空1巻・2巻
  • 空が入学した九頭龍高校のバズケ部がヒドイ
  • 空のひたむきさで不良たちがバスケを始める
  • 突然、丸高との練習試合が組まれる
  • 百春のリバウンドと空の3Pで優勢に!
  • 徐々に実力差が出て点差が開くばかり…

もし漫画で『あひるの空』を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで、600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えぱ『あひるの空』の単行本で好きな巻を1冊無料で読めますよ。

しかも今ならあひるの空の1巻~3巻が無料で読めます。(※2020年10月時点)

出典元 U-NEXT
『あひるの空』を無料で読む3ステップ

  • U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  • 会員登録をして600ポイントをゲット!
  • もらったポイントを使って電子書籍の単行本を買う

U-NEXTのお試し期間中ならアニメ版『あひるの空』も見放題となっています。

▼漫画『あひるの空』が無料で読める▼
公式⇒U-NEXTの無料トライアルで『あひるの空』を読むならコチラ

※この記事の情報は2020年9月時点のものです。

『あひるの空』の1巻のネタバレ!単行本での各話の要約と流れ

ではさっそく『あひるの空』の1巻の内容を話していきます。

今回の1巻の内容の大まかな流れは以下のとおりです。

あひるの空1巻
  • 第1話
    バッシュと少年
  • 第2話
    みにくいあひるの子
  • 第3話
    才能のない少年達
  • 第4話
    百春の翼

あひるの空 1話のネタバレ 『バッシュと少年』

街でカツアゲをされていた少年が、この物語の主人公『空』

威勢がいいにもかかわらず、ボコボコにされて河川敷を歩いています。

グーとお腹がなって、ふと気づくとすぐ隣に大男。

『何かくれ』と言われ、空はカレーパンをあげて河川敷で時間を過ごします。

その大男は河川敷でメル友の女子高生を待っていたのですが、24時間までも現れなかったとのこと。

そんな大男は空の逃げずに立ち向かっていく姿勢を評価して『ケンカの仕方を教えてやる』と豪語します。

大男は『ケンカに大事なのは何が飛んできてもよけられる反射神経だ』と主張。

そういった瞬間にプラモデルの飛行機が脳点を直撃して気絶してしまいます。

空はそのスキに逃亡。

大男が目を覚ますと、困っている少年たちがいました。

少年達はツバメの巣で親鳥が卵を押し出してしまうと困っていたんです。

大男は『高いところにあるから諦めろ』と言いますが、少年達は『さっきの小さいお兄さんは元に戻してくれたのに』とポツリ。

大男は空がどうやって卵を戻したのが気になっていました。

シーンは変わり空が入学した九頭龍高校。

体育館でバスケをしていると、バスケ部の不良たちがやってきます。

『勝手に練習をするな』とバスケ部の部室に空を閉じ込めました。

入学式初日からサボってしまった空でしたが、壁にある穴を除くと、着替えをしている女子バスケ部員たちが!

もう一度、ノゾキ穴を除こうとすると、横にいたのがさっきの大男。

大男も実は同じ学校の生徒で、女子バスケの朝練を待っていたらロッカーで眠っていたそうです。

大男は空に『バスケは諦めろ』と伝えます。

部員たちは全く練習をせず、他の入部希望者も別の部活へ移動してしまったようです。

それでも空はバスケをしたいと主張。

すると大男は外からカギをかけられたドアを蹴飛ばし、空とバスケをしに体育館に移動します。

空は体育館にいた女子バスケのヒロイン藪内さんにメロメロ。

そんな体育館でバスケをしようとすると、現れたのが先ほどの不良バスケ部員たち。

バッシュを盗られ焼却炉で捨てると言われてしまいます。

そんな不良を止めたのが大男『千秋』

実はバスケ部のキャプテン百春と、大男”千秋”は兄弟で、学校全体をしきっている双子の兄弟だったんです。

千秋はもう一度、空に『この学校でバスケをするのは諦めろ』と伝えます。

そこで空はバスケ部員たちに『5対1のバスケの勝負』を提案します。

あひるの空 2話のネタバレ 『みにくいあひるの子』

勝負を提案した空でしたが、千秋はそれを拒否。

代わりに女子バスケの藪内をチームに入れて5対1の勝負が始まります。

勝負が始まった瞬間にドリブルで距離を詰める空。

ターンで百春をかわし、シュートフェイントで藪内を突破します。

ただシュートをするときにバスケ部員に蹴りを入れられゲームは終わり。

ただ百春はふにおちずに『10本勝負』を提案します。

藪内は先ほどの空のドリブルを見てゾーンを組み警戒。

ただそれこそが空の思惑で、空の武器は3Pシュートだったんです。

きれいな3Pを決めて空の勝ち。のはずだったのですが、百春は『残り8本残っている』と勝負にこだわります。

シーンは変わって河川敷にいる千秋。

今朝のツバメの巣を見ていました。

そこに勝負を終えた百春たちが到着。

そのあとすべての勝負で3Pシュートを決められたことを千秋に告げました。

その話を聞いて千秋はツバメの巣も卵を投げて巣に戻したことがわかります。

シーンは戻って体育館に。

藪内が『あんなやつら相手にしないで』と言いますが、空は『百春くんは一度もファウルしなかった』と伝えます。

そしてディフェンスの動きから百春がバスケット経験者だとも推測。

あひるの空 3話のネタバレ 『才能のない少年達』

翌日、空が教室にいると同級生から『バスケ部だけは辞めた方が良いよ』と言われヘコみます。

そんな空がお昼休みに屋上にいると現れたのが藪内。

入部祝いとして自分のもっていたお弁当を空に渡しました。

テンションが上がり部室へ向かう空でしたが、先輩たちからは部屋を掃除しろと命令されてしまいます。

部屋の掃除をしていると、のぞき穴が気になる空。

もう一度だけのぞこうとすると、それを見ていたのが千秋でした。

千秋は陸上部から棒をかりて、女子バスケの部室にある衣類を盗もうと提案します。

しかし空はその棒を見ただけで『あと15cmないと距離が足りない』と主張。

『そんなわけない』と千秋は試しますが、実際に棒を使うと本当に15cmほど距離が足りませんでした。

部活が終わり着替える藪内。

チラッと男子バスケ部を見ると、部室がキレイなことに驚きます。

体育館を見ると、ひとりで練習している空の姿が。

シーンは変わりコンビニ。

部活をしない不良のバスケ部員たちがアイスを食べていました。

千秋は百春に深視力(目標までの距離を正確に測る能力)のことを話します。

そういった才能がある空と、才能がなくバスケを辞めた自分たちの違いを伝えました。

そんなときに丸高のヤンキーにからまれた部員たち。

百春たちは返り討ちにしますが、相手は根に持って去っていきました。

そのまま部室に戻った百春たち。

部室で遊んでいると、10時にもかかわらず体育館に灯りがともっていることに気づきます。

そこにいたのはずーっと練習を続けていた空でした。

気になって残っていた藪内は1000本シューティングをしていることを百春に伝えます。

あひるの空 4話のネタバレ 『百春の翼』

百春は空が1日1000本シューティングしていたことに驚き。

空は次の日も部室へ行き練習へ。

千秋はそんな空を見て『バスケの何がそんなにおもしろい?』と尋ねます。

空は『理由がないとだめですかね』と答える。

そんな空を千秋は校舎裏に連れていきます。

そこにはシュート練習をする百春の姿が。

いくら練習してもシュートが決まらない百春。

キレた百春は思いっきりジャンプしますが、なんとダンクできるまでの驚異的なジャンプ力がありました。

そんな百春に近づこうとする空。

しかしそこにやってきたのが、先日負けた丸高のヤンキーたち。

こんどは大勢を連れて仕返しにきました。

空は百春と一緒にやられてしまいます。

ただ百春はすこしスッキリした顔をしていました。

自分なりに一生懸命にバスケをしていたが、それは自分のモノサシでしかなかったことを思い知ったから。

空は百春に『もう一度ダンクを見せて欲しい』とお願いをします。

そんな空を見て百春は『約束だし』とバスケットボールにもう一度向き合うことにしました。

参考⇒あひるの空の1巻を無料で読みたい場合はこちら

『あひるの空』の2巻のネタバレ!単行本での各話の要約と流れ

1巻では空のひたむきさが百春の心を動かしたところで終わりました。

次は『あひるの空』の2巻の内容を話していきます。

あひるの空2巻の目次
  • 第5話
    あひる達の決意
  • 第6話
    小さな乱入者
  • 第7話
    チビの誇り
  • 第8話
    初めての飛翔
  • 第9話
    もう一つの弱点
  • 第10話
    折れた翼
  • 第11話
    最高の屈辱
  • 第12話
    カッコ悪い少年達

あひるの空 5話のネタバレ あひる達の決意

空と百春は体育館でシュート練習をしていました。

空の『シュートが入るように打っている』というアドバイスにキレる百春。

そんな様子を見ていた藪内が、丸高から練習試合の依頼があったことを明かします。

丸高からの練習試合を受けることにした空たち。

安原たち他のメンバーも練習を始めますが、すぐに切り上げて帰ってしまいました。

一方でやる気満々の百春。

新しいバッシュを買いましたが、それを引き留めたのが千秋でした。

千秋は『なぜ今さらバスケなんだ。あんな思いはもう二度としたくないんじゃなかったのか』と質問。

百春は『あいつと一緒だったら前よりももっとバスケが面白くなるかと思って』と答えます。

翌日の朝。空は辞めた安原たちにバスケをやってくれと頼みます。

すると安原たちは『女子たちの前にパンツ一丁でバスケをしろ』と言います。

空はその言葉を真に受け、素っ裸で体育館にいき、女子に悲鳴をあげられながらバスケをします。

その姿をみて安原たちはもう一度バスケをすることにします。

あひるの空 6話ネタバレ 小さな乱入者

空のクラスに間違えてやってきた千秋。

そんな千秋を試合に誘いますが『めんどくさい』と一蹴。

そして空に『可愛い子に印のついた座席表』を渡します。

空は『あんな一瞬で!?』と驚きました。

シーンは変わり丸高の正門。

偵察にきた空を見つけたのは、バスケ部のトキワ。

空を新入生だと勘違いして、体育館に招きます。

体育館に並ばされる空や身長の低い新入生たち。

キャプテンのチバはすぐに『帰れ』とクビ宣告をします。

『170cmないやつが高校バスケをするな』と高身長のチーム作りをしていることを言い切ります。

そんな言われ方をして黙っていないのが空。

練習中にボールを奪い取りドリブルで相手を抜き去ってシュートを決めます。

空は『試合、楽しみにしていますよ』と宣戦布告しました。

あひるの空 7話のネタバレ チビの誇り

練習を終えた九頭龍バスケ部。

練習の後は恒例のフリースロー対決をしてチームみんなで和みます。

(この対決はいつも百春が負けています)

そんななか、空は母親にメール。

バスケ部のメンバーの紹介や、1m以上の跳躍力を見せる百春の凄さをメールしていました。

そんな空に後ろから声をかけたのが藪内。

空が『お母さんは唯一、僕のバスケを応援してくれる人だから』という言葉を聞きます。

そこで藪内は車谷という苗字から空の母親が元日本代表の車谷由夏さんだということに気づきます。

空は小さながら結果を出してきた母親のように『どんなに大きい選手と戦っても小さい自分にだけは負けない』と意気込み。

そんな空をみて藪内は『私も君を応援する。アドレス交換しよう』と提案。

翌日、丸高との練習試合が始まり、ウォーミングアップがスタート。

丸高はセンターのチバとガードのトキワ有する大型チームです。

そんなチームに九頭龍高校が勝負。

不安な藪内に空は『僕に秘策があります』と自信をもってピッチにたちます。

あひるの空 8話ネタバレ 初めての飛翔

対峙すると大型チームの丸高との身長差が歴然。

安原は空に『試合っていつもこんな感じか』と話しかけます。

すると空は『僕も試合できるの初めてなんでわかりません』と突然の告白。

これまでずっと補欠で、中学は田舎で全校生徒が8人。

そんな空だからこそ部活のバスケ部にこだわっていたのだと百春はきづきます。

チバは千秋と会いたがっていたのですが、千秋は現れないまま試合開始。

百春はボールをとってすぐ空にだし、空はハーフラインから3Pシュートを決めてしまいます。

そこで空が『小さいからってなめてると痛い目にあいますよ』と決めセリフ。

藪内は超ロングシュートを決めて相手の動揺をさそうことができたと説明。

トキワは立て直そうとしますが、チャッキーがボールを取りパスをします。

実はパスが回る理由は先日、藪内から『ドリブルできないならパスをしよう』とアドバイスをもらっていたから。

パスワークから空がまた3Pを決めてチームを勢いづかせます。

あひるの空 9話のネタバレ もう一つの弱点

千秋は試合には出ず河川敷でメル友を待ちますがきません。

一方で九頭龍バスケ部は第1Qを12-9でリードして折り返します。

空はこのまま順調にはいかない、ディフェンスを固めようと提案しますが百春は拒否。

『俺にまかせとけ』といい、チバのダンクをブロックします。

そのまま空がボールをとりドリブルで切り込みシュート。

順調に見えた空ですが、一連のプレーからトキワは空が左サイドからのシュート力が弱いことを見破ります。

あひるの空 10話のネタバレ 折れた翼

トキワは空にマンマークしてあえて左側からシュートを誘います。

空は立て続けにシュートをミス。

異変を感じた百春はタイムアウトを要求します。

トキワは空が試合慣れしていないせいだと推測。

百春は空をなだめようとしますが、空はとても悔しそうな顔をしていました。

あひるの空 11話のネタバレ 最高の屈辱

千秋は河川敷で待っていると、メル友のユウちゃんが登場。

ユウちゃんは九頭龍高校に行きたいといい、トキワのファンだと明かします。

シーンは変わり九頭龍高校と丸高の練習試合へ。

チバのダンクなどで一気に46-14と引き離されていました。

トキワが空を抑えてから完全に得点が止まってしまいます。

さらに空は緊張から体力を消耗し、ドリブルを仕掛けてもスティールされます。

しかもファールを誘われてダブルクラッチで点を取られてしまいました。

ここで空はトキワに高さだけじゃなくスキルでも負けてしまいます。

千秋はそんな様子を上から観戦。

試合は進み安原がファウル5つで退場し4対5になってしまいます。

ただここで黙ってなかったのがチバ。

大差をつけてゆるみがでた自分の丸高メンバーのプレーを厳しく指摘します。

意気消沈した九頭龍バスケ部。

審判が試合を辞めることを提案しますが、空はそれを拒否。

『ここで逃げたら本当の負けになる。勝ちたい』と試合の再開を決めます。

あひるの空 12話のネタバレ カッコ悪い少年達

練習試合は前半終了で58-14。

ですが空は元気なフリをしてメンバーを励まします。

みんなのために飲み物を買いに走りに行きました。

そのおかげでチームの士気もあがります。

安原は百春に千秋がきていることを告げます。

ただ千秋はこのピンチの状況でも試合にでないだろうと百春が推測。

実は中学時代に試合の途中で千秋がいなくなったことがあるんです。

理由を聞くと『もうやってもムダじゃん』とのこと。

千秋は人の眼を気にするタイプなので、この状況だと絶対に試合には出ないと断言しました。

シーンは変わり空が飲み物を買うところ。

腕に力が入らず缶ジュースも持てない空を助けたのは藪内円。

ウデをマッサージして『これじゃシュートを打ってもリングまで届かない』と告げます。

空は円に『トキワと身長が同じでも勝てなかった』と力の差を認めました。

ただ『それでもこのまま終わるわけにはいかない』と勝負を諦めない姿勢を見せます。

後半が始まりドリブルを始める空。

しかしウデが上がらずドリブルだけを警戒するトキワ。

そこで空は昔母親に教わったシュートを思い出していました。

それが女子の両手打ち。

腕の負担を軽くしたシュートがきまり久しぶりの得点をあげます。

では最後に『あひるの空』の2巻までの内容をまとめておきます。

ここであひるの空2巻が終わりました。

もし無料で『あひるの空』のを読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『あひるの空』の単行本を無料で買うことができます。

(※2020年10月時点ではあひるの空の単行本1巻~3巻が無料で読めます。)

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『あひるの空』を読む

『あひるの空』の1,2巻についての感想と考察

2巻までの『あひるの空』を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

あひるの空の今後について気になる場合は6巻以降のネタバレも以下の記事でお話ししています。

参考⇒あひるの空の3巻・4巻までのネタバレ

参考⇒あひるの空の5巻・6巻までのネタバレ

漫画『あひるの空』を2巻までのネタバレ!各話のおさらい

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

あひるの空の1巻・2巻の内容

  • 主人公”空”が九頭龍高校に入学
  • 不良の集まりだった部員たちがバスケを始める
  • 丸高との練習試合が決定
  • 序盤は空の3Pなどで優勢に勧める
  • 次第に実力差が出て大差で負けて折り返す
  • 空の両手打ちで反撃開始?

ちなみに『あひるの空』は動画サービスの無料お試し期間を使えば、好きな単行本を無料で読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『あひるの空』を全巻どれでも無料で読む方法を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました