『あひるの空』の3巻・4巻のネタバレ!トビや七尾が登場する各話のストーリーを解説

スポーツ

今回は『あひるの空』の3巻・4巻の内容(ネタバレ)をお話します。

2巻までは、主人公”空”が入学して、少しずつバスケ部員との絆が生まれてきました。

そして3巻・4巻では新しく夏目(トビ)や七尾が仲間に加わります。

3巻・4巻のストーリー

  • 1年生の夏目(トビ)が騒動を持ち込む
  • 空や百春などの協力で夏目がバスケ部に入部
  • マネージャーとして七尾が入部
  • 七尾の選手を見る目がひと悶着を生む
  • 男子VS女子の練習試合!?

もし漫画で『あひるの空』を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えぱ『あひるの空』を好きな巻を無料で読めますよ。

(※2020年10月時点では、あひるの空の漫画が1~3巻までを無料で読めます。)

出典元 U-NEXT
『あひるの空』のスマホで読む3ステップ

  • U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
  • 公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  • 会員登録をして600ポイントをゲット!
  • もらったポイントを使って単行本を買う

しかもお試し期間中はアニメ版『あひるの空』も見放題となっていますよ。

▼『あひるの空』が無料で読める▼
公式⇒U-NEXTの無料トライアルで『あひるの空』を読むならコチラ

※この記事の情報は2020年10月時点のものです。

『あひるの空』の3巻のネタバレ!単行本での各話の要約と流れ

ではさっそく『あひるの空』の3巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れている、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『あひるの空』の1巻・2巻のネタバレはこちら

そして、あひるの空の3巻の内容は以下のとおり。

あひるの空3巻の目次
  • 第13話
    今しかねぇ
  • 第14話
    天才
  • 第15話
    最高の瞬間
  • 第16話
    母と子
  • 第17話
    新しい朝
  • 第18話
    迷惑な一年坊
  • 第19話
    ボールとゴール
  • 第20話
    誰が為に


あひるの空 13話のネタバレ 今しかねぇ

両手打ちで3Pシュートを決めた空。

それを見て丸高は空に3枚のディフェンスをつけて対抗します。

百春がジャンプシュートをしますがチバがブロッグ。

空も足に力が入らず上手くプレーができません。

観客に笑われる同級生を見て帰ろうとする千秋。

それを止めたのが藪内円(マドカ)でした。

藪内は『一緒に戦ってあげないの?』と言います。

千秋は『やだよ、メチャクチャかっこ悪いし、笑われたくない』と言い返す。

でも藪内は『私は違う。世界中の人が笑っても私は笑わない』と言いました。

千秋は中学生のころ、前半で大差を付けられやる気をなくす部員たちのことを思い出します。

一方で試合はどんどん点差がつき、さらに空がコート内にころがってきた空き缶に転んでしまいます。

九頭龍高校の部員がキレて試合不可能になる直前に入ってきたのが千秋。

千秋は『戦ってない奴らが戦ってるやつらを笑うなよ』とやり返しました。

あひるの空 14話のネタバレ 天才

チバは千秋を中学のとき対戦して『アイツ以上の選手は見たことがない』とトキワに伝えます。

千秋は百春に『折れの寿命は300年だから無様な思いなど10回味わってもおつりがくる』と帰ってきました。

空は千秋がPGだということを見抜き、千秋のプレーが開始。

トキワからパスをカットして、エルボーパスでフリーのナベにパスを出しアシストします。

チバは『高校生であれができるやつはいない』と驚き。

トキワは動揺しつつ千秋と対峙しますが、空にマンマークしていた疲れもありボールをとられます。

千秋はさらに針の穴を通すような正確なパスで空の3Pをアシスト。

九頭龍高校は残り30秒で100点差を付けられ負けは確定。

ただ最後に一本決めて終わりましょうと意気込みます。

あひるの空 15話のネタバレ!最高の瞬間

丸高のシュートが外れチバと百春のリバウンド勝負。

空は百春がボールを取ると信じて、すでに走り出していました。

百春は空の信頼通りリバウンドをとり、千秋へパス。

ボーリングの要領で空にパスをだし空がシュートを決めます。

ただ惜しくも試合終了のブザーがなり、ノーカウント。

試合が終わりチバに挨拶をしにいく空。

チバは中学3年生のとき165cmしかなく試合に出れなかった当時のころを語ります。

170cm以下の新入生の入部を認めなかったのも、ムダな時間になるくらいならバスケ部に入らない方がよかったからと言いました。

空はチバに『何を食べたらそんなに大きくなれるんですか』と質問し意気投合。

試合には負けましたが空の影響力の強さを藪内は感じます。

あひるの空 16話のネタバレ! 母と子

空の祖母の床屋さんに、熟睡した空を抱っこした藪内が。

祖母はお礼にと藪内の髪型をカットしてあげます。

藪内は空のおばあちゃんに、空の母親のことを尋ねます。

おばあちゃんは当時のエピソードを語りました。

  • 長野の実家で入院していた空の母が転院することに
  • 神奈川の高校を受験するという空に、母は反対
  • 空は泣きながら『頼まれたって会いに行かない』と喧嘩に発展
  • でも実は母親は空の負担になりたくないという理由で嘘をついていた
  • その会話を聞いていた空は
    『誰にも負けずに一番になったら会いに行ってもいい』と母との約束をしました

こういった理由で神奈川に引っ越してきたにも関わらず、母のお見舞いにはいかない空。

その話を聞いて藪内は涙を浮かべていました。

あひるの空 17話 新しい朝

翌朝に藪内は窓から空がランニングをしている姿を見て、後を追います。

空は体育館でトキワから指摘された左サイドからのシュート成功率の低さを実感。

そんな体育館に安原やナベ、チャッキーなども集まり練習が始まりました。

ただ平日はそれまでサボっていた男子バスケ部は体育館が使えないことになります。

顧問を付けないと部の活動はできない、暴力事件を起こしたら即廃部だという条件がつけられます。

練習ができない安原たちは帰宅途中、体育館の裏でバスケをする1年生”トビ”を発見。

ただ話しかけると、その1年生はいきなり安原を殴ってきました。

やり返そうとする安原ですが、廃部になることを避けるためにそれを止めに来た百春。

翌日に体育館のステージ上で練習しようとするメンバーでしたが、体育館では勝手にコートに入った問題児”トビ”の姿が。

シュートを打つ時に女子バレーの女の子と衝突してしまいます。

あひるの空 18話のネタバレ ボールとゴール

保健室に付き添った百春。

大事にはできないので、けがをした女子に土下座をして謝ります。

その夜にトビは持って帰るのを忘れたバスケットボールを探していました。

空がみんなでバスケットボールをしようと提案しますがトビは断ります。

理由は『自分のバスケはボールとゴールだけあればいい』とのこと。

翌日また体育館へいこうとすると、またトビが問題を起こしていました。

空は『廃部になるから問題を起こすなと言ったばかりだ!』と怒ります。

藪内もトビをビンタして『ルールを守れないならバスケをやめろ』と主張。

そんな状況にやってきたのが顧問の五月先生でした。

問題を起こしたら廃部というルールにのっとり、バスケ部の廃部を言い渡します。

あひるの空 第20話のネタバレ!誰が為に

部員はトビはバスケ部員じゃないと主張。

五月先生はトビに退学の可能性を良い、バスケ部を廃部にしようとします。

ただトビは『俺はバスケ部じゃない。これは1人で全部やった』と告白。

それを聞いて五月先生はバスケ部の廃部を取りやめました。

空は帰宅途中に公園にいるトビを発見。

トビは小さい妹と電話をしていて、今年のインターハイで帰ってくると約束をしていました。

実はトビは問題を起こしていましたがバスケの才能を買われて推薦が決まっていました。

でも問題を起こすトビを両親は世話ができないと、神奈川にある叔母に預けることにしたんです。

トビは約束はしたものの果たせそうにないことを嘆きます。

そんな姿をみた空は『僕はこの高校であの人たちとインターハイへ行く』と断言。

そんな空を見たトビは1ON1で勝負を提案しました。

あひるの空の3巻はここまで。

丸高との練習試合は大差で負けましたが、この試合でメンバーが同じ方向を向いて練習するようになりました。

そんなときにあらわれたのが夏目(トビ)で、問題を起こします。

『あひるの空』の4巻のネタバレ!単行本での各話の要約と流れ

では次に『あひるの空』の4巻の内容を話していきます。

あひるの空の4巻の内容は以下のとおり。

あひるの空の4巻の目次
  • 第21話
    アヒルとトビ
  • 第22話
    諦めの悪い少年達
  • 第23話
    鳶とボールと仲間の痛み
  • 第24話
    遥かな高みへ
  • 第25話
    ちっちゃい女の子
  • 第26話
    男の意地と女のプライド
  • 第27話
    トビとチビの弱点
  • 第28話
    TEAM

あひるの空 21話のネタバレ アヒルとトビ

トビと空の勝負は、円の中で空がトビからボールを奪えるかどうか。

空はタイミングを計ってボールを盗ろうとしますが、トビは華麗にさばきます。

空はトビのバスケを『周りの人を惹きつけるバスケ』だと実感。

いつしか周りに人だかりができて、空は気合を入れ勝負を再開します。

そんな姿を見てトビは小さい時お父さんと一緒に遊んでもらったことを思い出します。

そのスキを狙って空がボールを奪取。

勝負に勝った空でしたが、そこに五月先生が現れトビの退学が決まったことを告げます。

ただそこに割って入ってきたのが安原たち。

先日の体育館での騒動は、相手から先に仕掛けてきたことだったと証言しました。

それでも五月先生は『耐える痛みがあることを知りなさい』と結論は変わらず。

トビは帰り際に河川敷を通りますが、そこにウ○コをしていた千秋に『紙をくれ』と頼まれます。

千秋とトビは話し込んでいましたが、トビはある決断をします。

翌日から空は五月先生にトビの退学の取り消しをお願い。

トイレにまで押しかけますが、そこに現れたのがトビでした。

『ワシが九頭龍バスケ部をインターハイに連れていく』という条件を提示しました

あひるの空 23話のネタバレ!鳶とボールと仲間の痛み

退学処分を取り消すという話に驚く五月先生。

そんな話を受けたのは隣で聴いていた校長先生でした。

校長先生の計らいで退学処分を取りやめになったトビ。

トビはドリブルのやり方を部員に教えるなどして打ち解けていきます。

ある日、雨になって教室の窓から外を見た空は、トビを発見。

トビは体育館で絡まれた不良の仕返しにあっていました。

問題を起こしたら廃部になるという条件があり手を出せないトビ。

そんな姿をみて空や安原たちは加勢をすると手助けしようとします。

でもトビは助けをいらず、手を出さずにやられることを選択。

バスケ部を守るために耐える痛みを味わうことにしたんです。

しばらくすると五月先生が来て場を収束。

部員たちが バスケ部を守るために行った行為に『なんていい目をするんだ』と胸を打たれます。

体育館に戻った部員たち、トビは空に自分の父親の話をします。

トビが大事にしていたボールは、父親が事故で亡くなってから荷物を整理したときに出てきた誕生日プレゼントだったんです。

一件落着してトビが新戦力として加わった九頭龍バスケ部でした。

あひるの空 24話のネタバレ 遥かな高みへ

練習を再開した九頭龍バスケ部。

顧問に五月先生も加わりチームは前を向いていました。

そこで空はインターハイ予選を見に行くことを提案。

丸高が絶体絶命のピンチからチバのダンクで盛り返し逆転勝利するシーンを目撃します。

神奈川が激戦区だったことを思い知り、さらにモチベーションを挙げます。

あひるの空 25話のネタバレ!小っちゃい女の子

練習中の空でしたが、バッシュに穴が空いてしまいました。

何件回っても修理してくれるお店が見つからない空。

最後にやってきたのが隣のクラスの女の子ナオの親がやっているスポーツ用品店。

ナオは大事にしていた空のシューズを修理することを約束し、中敷きを変えることも提案。

ナオは実は練習試合を見ていて『車谷くんかっこよかったよ』と最後に言い残します。

空はその一言にドキドキして夜も寝れませんでした。

翌日、体育館に行くとマネージャーとしてナオが新しく入部することに。

ナオは練習中の部員たちに声援を送ります。

そんなナオに声をかけたのがマドカ。

実は中学のときに女子バスケ部のマネージャーをやってもらっていたそうです。

マドカはナオに『男子バスケ部はどう?』と聞くと、ナオは『このチームでは勝てない』と断言。

その言葉を証明するためにマドカは女子部との勝負をもちかけました。

あひるの空 26話のネタバレ 男の意地と女のプライド

男子と女子の勝負を提案するマドカ。

最初は嫌がっていましたがナオが男子が買ったらマドカ先輩が裸になるという一言で男子はやる気を挙げます。

実際に始まるとトビや空の3Pシュートでリードします。

どんどん点差が開く展開になりますが、ナオが『ここからは作戦通りにいきましょう』と言いここから戦況が変わります。

あひるの空 27話のネタバレ トビとチビの弱点

女子はゾーンDFで男子に対抗します。

そして空にはマドカがマンマークにつき3Pを打たせない作戦に。

パス回しが上手くできない男子からスティールを奪い男子チームの攻撃を防ぎます。

攻撃でも空の身長を利用して攻めてきます。

トビが戦況を変えようとしますが、パスをしないクセを見抜いていたナオの指示で上手くいきません。

ここで立ち上がったのが千秋でした。

あひるの空 28話のネタバレ TEAM

千秋は攻撃守備で弱点を突かれているトビと空をチェンジ。

さらに男女の身長差をつく戦略をなくして、平面での勝負に挑みます。

この言動をみてナオは千秋もこのチームの弱点に気づいていることを知りました。

点差は離されますが、チームとして機能してきた男子チーム。

ナオはこの信頼関係こそが男子チームに足りないものだったと、トビと空に伝えます。

チームは勝てませんでしたが、自分のスキルだけで勝とうとする姿勢が間違っていることがナオの戦術眼でわかりました。

あひるの空の4巻はここまで。

もし無料で『あひるの空』を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『あひるの空』の単行本をポイント購入できます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中からアニメ版『あひるの空』を視聴できますよ。

(※2020年10月時点では、あひるの空の単行本が1巻~3巻が無料で読めます。)

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『あひるの空』を読む

『あひるの空』の3巻・4巻についての感想と考察

『あひるの空』の3巻・4巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

次回以降のストーリーも載せておきますね。

次の内容が気になった方はこちらも読んでおきましょう。

参考⇒あひるの空の5巻・6巻のネタバレはこちら

参考⇒あひるの空の7巻・8巻のネタバレはコチラ

『あひるの空』を3巻・4巻のネタバレのおさらい

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 空は新高校1年生として九頭龍高校に入学
  • 荒れた部員たちを本格的にバスケに導く
  • トビが新入部員として加入
  • マネージャー七尾の観察眼が優れている

このような流れとなっています。

ちなみに『あひるの空』は動画サービスの無料お試し期間を使えば、好きな単行本を無料で読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『あひるの空』を全巻どれでも無料で読む方法を紹介

コメント

タイトルとURLをコピーしました