『黒子のバスケ』の14巻のネタバレ!誠凛高校と桐皇学園の再戦がアツい!黒子vs青峰の行方

スポーツ

今回は『黒子のバスケ』の14巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『黒子のバスケ』の13巻までの流れは以下の通り。

  • 旅館で桐皇学園と再会する誠凛高校の部員たち
  • ウィンターカップ1回戦は桐皇学園だったことが判明
  • そのまま旅館近くで景虎と合宿をすることになる
  • ウィンターカップが開会される
  • 桐皇学園との試合が始まる
  • 先制されるも黒子の新技で反撃
  • 日向も必殺技で3Pを決める

もし漫画で『黒子のバスケ』の14巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えば『黒子のバスケ』の14巻を無料で読めますよ。

出典元 U-NEXT

『黒子のバスケ』の14巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って14巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中からアニメ版の『黒子のバスケ』も視聴できます。

▼『黒子のバスケ』の14巻が無料で読める▼

※この記事の情報は2021年3月時点のものです。

『黒子のバスケ』の14巻のネタバレ!誠凛高校が桐皇学園に挑む!黒子vs火神

ではさっそく『黒子のバスケ』の14巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れているなら、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『黒子のバスケ』の13巻のネタバレはこちら

今回の14巻の内容は以下のとおり

『黒子のバスケ』の14巻の情報

  • 出版社 集英社
  • 掲載雑誌 少年ジャンプ

『黒子のバスケ』の14巻の目次

  • 第118Q 負けず嫌いやからな
  • 第119Q 話が早くて助かるぜ
  • 第120Q ムダな努力だ
  • 第121Q 今度はオレが
  • 第122Q オレに任せてくれないすか
  • 第123Q 嬉しくてしょうがないと思います
  • 第124Q ただもう一度
  • 第125Q 逆転だよ
  • 第126Q 仲良くしようや
スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の118話のネタバレ!3P合戦

日向は桐皇学園との対戦までの間、景虎からバックステップシュートを教わっていました。

重心を最初から後ろに置いておくことで、相手から見れば早く動いていると感じるステップのようです。

日向はそのステップを使って2本連続でシュートを決めました。

するとマッチアップしていた選手も、シュートをやり返して負けず嫌いな面が出てきました。

日向もその勝負に乗って、相手とのシュートを撃ちあいをすることになります。

お互いに一本も外さないで、意地の張り合いとして3Pを連発しました。

そして第1Qの最後に黒子が消えるドライブをして22-22で同点のまま第2Qへ進みました。

しかし桐皇学園は桃井の分析により、黒子のドリブルの正体を突き止めていたんです。

『黒子のバスケ』の119話のネタバレ!黒子vs青峰

黒子は今の流れを考えて第2Qの最初にも消えるドリブルを仕掛けたいと提案。

木吉はドリブルの仕掛けバレる可能性もあると言いますが、リコは先手を取るために許しました。

緑間はすでに消えるドライブの正体を掴んでいるようで、ある条件の中でしか発動しないと推測。

その条件とはメンバーの火神でした。

火神が存在感を放つことで、相手選手が一瞬ボールへの注意力が落ちるときに、黒子のミスディレクションが発動して消えたように感じるというドリブルだったんです。

この仕掛けについては桃井も分析した通りで、そのドリブルの対策を始めようとする桐皇学園。

しかし青峰は『俺が抜かれるなんてことはない』と、あえてチームとしての対策をとらずに挑みます。

そして第2Qが始まってすぐに黒子は青峰と1on1の勝負へ。

消えるドリブルを仕掛けますが、なんと青峰は目を閉じることで火神に視線が移動することを防いでいました。

そして『残念だったな』と黒子のボールをカットし、そのままダンク。

『お前じゃ俺を倒せない』と青峰は黒子に断言します。

『黒子のバスケ』の120話のネタバレ!火神の決意

黒子のドリブルが防がれて茫然とする誠凛高校のメンバーたち。

リコはTOを取ろうとしますが、黒子は動揺してイグナイトパスをします。

しかしそれもあっさりと止める青峰。

『俺に同じ技が2度通用すると思ってるのか。ムダな努力だ』と切り捨てます。

そこから青峰は1人でドリブル突破して得点。

連続ゴールをして桐皇学園がリードしたところで、やっと誠凛高校はタイムアウトと取れました。

黒子は交代を命じられ、必死に練習したドリブルがあっさり抜かれたことが悔しく涙します。

すると火神が『お前が必ず戻ってくるって信じてる』とピッチに立ちます。

スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の121話のネタバレ!火神が100%本領発揮

火神はいつも黒子に助けられてきた、だから今度は自分が助けるんだと強い決意をもってコートに立ちます。

火神は青峰との1ON1を挑みボールを取ろうとしますが、あっさりとかわされます。

しかし青峰のシュートを後ろからブロックした火神。

景虎も合宿のときに『火神は黒子を頼っている。でも100%発揮できたらキセキの世代とも渡り合える』と期待していたんです。

青峰のシュートをブロックしたことに驚く、他のキセキの世代のメンバーたち。

助けられる側から助ける側になったことで火神は100%のプレーができるようになりました。

青峰も『今回はもう少し本気でやれそうだ』と楽しそうでした。

『黒子のバスケ』の122話のネタバレ!火神vs青峰

青峰は今までとは違い全開で火神に向かおうとします。

『せいぜい楽しませてくれよ』と早いプレーと、セオリー通りではない不規則な動きで得点を決めます。

味方にも『俺がボールもらったらスペースを作れ』と一人でプレーする青峰。

火神も味方のスクリーンを借りずにシュートを撃ってやり返しました。

火神も『青峰はおれにまかせてくれ』といつにもなく強気。

一見互角そうに見えますが、緑間は青峰が徐々にキレが増してきていると推測。

しかしそんな青峰のシュートをブロックしたのが火神でした。

そのシーンを見ていて驚くキセキの世代のメンバーたち。

『黒子のバスケ』の123話のネタバレ!嬉しそうな青峰

火神が自分の動きについてくることで攻めあぐねる青峰。

シュートフェイントをして抜こうとしますが、火神はそれにも食らいつきます。

桐皇学園の主将は『なぜ青峰の方が速いのに火神はついていける?』と困惑。

黄瀬は火神を見て『今の火神は野生の獣に近い』と評価。

火神はバスケの師匠に会い、アメリカで賭けバスケをすることで、カンを取り戻していたんです。

そんな火神はリバウンドもとり、青峰のフォームレスシュートを放ちます。

青峰がギリギリのところで指先でコースを変えて、惜しくも得点できず。

48-46で桐皇学園のリードで前半を終えました。

インターバルに入り青峰はすぐに会場を後にします。

青峰は久しぶりに全力で戦える相手を見て嬉しくてしょうがない様子でした。

一方で黒子も控室には戻らず、外の空気を吸いに行きます。

『黒子のバスケ』の124話のネタバレ!仲が良かった中学時代の青峰と黒子

会場の外に出た黒子を迎えに来た火神。

黒子は『この試合はどうしても勝ちたい。もう一度青峰が笑ったプレイする姿がみたい』と言いました。

中学時代は青峰は練習にも熱心に取り組んでいました。

そんなときに3軍としてであったのが黒子。

お互いに練習好きなこともあり毎日のように居残り練習をするようになりました。

『いつか一緒にコートに立とう』といっていた青峰。

でも黒子は2軍にもあがることはできず、バスケを辞めようと考えていました。

そんなときに出会ったのが赤司。

赤司は黒子の姿を見て『初めて見るタイプだ。異質の才能を秘めているかもしれない』と言います。

そこから黒子独自のプレイスタイルが確立され一軍に昇格。

そんな経緯があり黒子は青峰に勝ちたいと考えていました。

火神はそんな黒子を見て『勝ったから何かが変わるかはアイツ次第。でも負けたら何も変わらない』と答えます。

そしていよいよ誠凛高校と桐皇学園の後半戦が始まりました。

『黒子のバスケ』の125話のネタバレ!桃井のプラン

後半に入り黒子を投入する誠凛高校。

青峰にはプレーが通用しなかったのに、それでもコートに立つことを決めました。

後半が始まるといきなり青峰対火神の対決。

青峰はさらに速くなっていて火神を抜きます。

しかし黒子がコースを読んでいて、ファウルを誘いました。

さらに黒子のパスから日向が3Pを決めて逆転する誠凛高校。

青峰には通用しないとわかったので、黒子は青峰を避けながら攻撃のサポートをするつもりでした。

桃井はそんな黒子を見て、プラン通りと宣言。

桐皇学園の監督も『黒子にはおとなしくしてもらいましょう』と意味深な発言をします。

スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の126話のネタバレ!今吉vs黒子

桐皇学園の主将は『頑張れば勝てるとか、甘ったるく世の中はできてない』と断言します。

その言葉通り得点をして、再度リードする桐皇学園。

そして桐皇学園の主将である今吉が黒子をマークしました。

なんと今吉には黒子のミスディレクションがきかない様子。

今吉は桃井からミスディレクションの原理を聞いて、黒子にマークすることができるようになっていました。

さらに日向のバックステップも桃井に対策されてシュートを撃たせてもらえません。

少しずつ攻撃のパターンが潰されている誠凛高校でした。

『黒子のバスケ』の14巻の内容は以上となります。

もし無料で『黒子のバスケ』の14巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『黒子のバスケ』の14巻を無料で買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中からアニメ版の『黒子のバスケ』も楽しめますよ。

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『黒子のバスケ』の14巻を読む

『黒子のバスケ』の14巻の感想!黒子のドライブが通用しない

『黒子のバスケ』の14巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

今回は青峰と火神の対決がメインで面白かったです。黒子の技も青峰にでも一度は通じると思っていたけどさすがは元相棒ですね!!終盤押されはじめたけどまだ木吉の合宿成果がどんなものなのかはっきりとでてきていないので青峰対火神と伴わせて気になる.黒子もこのまま終わらないでしょう

引用元 Amazon

もし続きが気になるなら、黒子のバスケの15巻も読んでおきましょう。

参考⇒『黒子のバスケ』の15巻のネタバレ

『黒子のバスケ』を14巻のネタバレ!少しずつ劣勢になっていく誠凛高校に勝機はある?

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 日向が相手選手と3P合戦をする
  • 黒子の消えるドライブは青峰に通用しなかった
  • 火神は100%の全力で青峰と戦えるようになる
  • 後半に入ると味方をサポートすることに徹する黒子
  • そんな黒子に今吉がマークに入る

このような流れとなっています。

ちなみに『黒子のバスケ』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば、好きな単行本を無料で読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『黒子のバスケ』を全巻どれでも無料で読む方法を調べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました