『黒子のバスケ』の15巻のネタバレ!黒子の大技や火神のゾーンで桐皇学園に対抗

スポーツ

今回は『黒子のバスケ』の15巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『黒子のバスケ』の14巻までの流れは以下の通り。

  • 日向が相手選手と3P合戦をする
  • 黒子の消えるドライブは青峰に通用しなかった
  • 火神は100%の全力で青峰と戦えるようになる
  • 後半に入ると味方をサポートすることに徹する黒子
  • そんな黒子に今吉がマークに入る

もし漫画で『黒子のバスケ』の15巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えば『黒子のバスケ』の15巻を無料で読めますよ。

出典元 U-NEXT

『黒子のバスケ』の15巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って15巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中からアニメ版の『黒子のバスケ』も視聴できます。

▼『黒子のバスケ』の15巻が無料で読める▼

※この記事の情報は2021年3月時点のものです。

『黒子のバスケ』の15巻のネタバレ!黒子の大技や青峰vs火神のゾーン対決

ではさっそく『黒子のバスケ』の15巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れているなら、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『黒子のバスケ』の14巻のネタバレはこちら

今回の15巻の内容は以下のとおり

『黒子のバスケ』の15巻の情報

  • 発売日 2011年12月2日
  • 出版社 集英社
  • 掲載雑誌 少年ジャンプ

『黒子のバスケ』の15巻の目次

  • 第127Q 万策尽きた
  • 第128Q 今勝つんだ!
  • 第129Q ここで負けるよりマシです
  • 第130Q 最終第4Q!!
  • 第131Q 信じてるぜ
  • 第132Q 青峰君を止めることはできません
  • 第133Q 感謝するぜ
  • 第134Q それでも最強は
  • 第135Q 信じてますから
スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の127話のネタバレ!黒子のミスディレクションが切れる

青峰はまた火神と1on1の状況に。

黒子はヘルプに行きたくても、今吉のマークで動くことはできません。

火神は無理やり仕掛けようとしますが、青峰はボールをカット。

ブロックする火神を空中で一回転してダンクを決める青峰。

火神はその圧倒的なプレーで、悔しさではなく敬意を示してしまいます。

さらに桐皇学園は桃井の分析から誠凛高校のプレーを読み、得点を重ねていきます。

70-56と点差が広まると、黒子のマークが今吉ではなくなります。

それはつまり黒子のミスディレクションの効果が切れたという証拠でした。

万策が尽きたことで誠凛高校の敗北を予想する会場の雰囲気が漂います。

『黒子のバスケ』の128話のネタバレ!黒子の大技がさく裂

観客やキセキの世代の全員が誠凛高校の負けを考えました。

今吉も『恥じることはない。あと1年あったらもっと良い線までいく』と励まします。

黒子は以前に木吉が『一緒にバスケできるのは、この大会が最後だ』と言った話を聞いていました。

予想よりヒザが悪化しているようですが、木吉は部員たちと大会に臨める今に後悔はないようです。

そのことを思い出しながら黒子は『また今度じゃだめだ。今勝つんだ』とまだ諦めていない様子。

その姿勢に驚く桐皇学園ですが、打つ手はないはずと冷静になります。

しかし伊月俊は『ミスディレクションが切れたんじゃない、切れさせたんだ』と言います。

その瞬間に今吉の目の前から消える伊月。

今吉は消えるドリブルを伊月がしたことに驚きました。

これが誠凛高校の切り札である、ミスディレクションのオーバーフローという技。

『黒子のバスケ』の129話のネタバレ!黒子の覚悟

黒子以外の選手も消えたことに驚く桐皇学園のメンバーたち。

スキをついてボールをカットし、さらに連続ゴールを決めて10点差とします。

黒子はあえてコートに立ち続けることで、自分に視線を集中させることにしたんです。

それにより他の選手が消えたようにプレーできるという技となります。

それをみた緑間は『この技にはリスクがある』と断言。

試合終盤でしか使えないし、技自体も長くもたない。

そして自分に注目を集めることで、桐皇学園にミスディレクションがもう二度と使えなくなるということ。

将来に桐皇学園に勝つ可能性を捨てて、この試合に勝とうとする誠凛高校。

黒子も『ここで負けるよりマシです』と覚悟していました。

青峰も火神のドリブルを止められず、さらに点差を詰めます。

スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の130話のネタバレ!誠凛高校の反撃

8点差まで詰め寄り誠凛高校。

しかし第3Q終了間際に今吉が遠くから3Pを決め11点差とします。

黒子は消耗が激しく、木吉も膝を気にしながらテーピングを巻き直していました。

そんな木吉を見て日向は『もっと俺らを信用しろ』と励まします。

そして第4Qが始まります。

日向は言葉の通り、ミスディレクションとバックステップを組み合わせて3Pを決め8点差に。

焦る桐皇学園ですが青峰は笑っていて、少し昔のバスケが好きだった青峰に戻ってきているようです。

『黒子のバスケ』の131話のネタバレ!青峰に3人がマーク

黒子が切り札を出したのに、青峰の活躍で差を詰めることができない誠凛高校。

焦る火神に『お前が青峰をマークしてるから、ここまで耐えられた』と声を掛ける日向。

日向はインサイド勝負も見越して強気で打てるからこそ、3Pをまた決めることができました。

マッチアップしていた桜井は焦りますが、青峰がボールを要求して、わざとファウルをもらい3点プレーを取ります。 

桐皇学園はチームプレーの意識は全くありませんが、勝つという共通認識と青峰への信頼はありました。

それを見た黒子は火神と木吉に声をかけ、青峰に3人でマークすることを提案します。

そしてトリプルチームとして青峰をマークして勝負に出ました。

『黒子のバスケ』の132話のネタバレ!黒子の視線と青峰の高速シュート

残り5分でトリプルチームで徹底マークする誠凛高校。

点差を詰めるには青峰からボールを奪わないといけません。

青峰が味方にパスを出さないとわかっているからこその3人でのマーク。

しかし青峰は火神を抜き、木吉のブロックも横っ飛びで避けてシュートをします。

そのときに視界に現れたのが黒子。

黒子は青峰が止められないことを逆手に取り、ミスディレクションでシュートの精度を悪くする誘導をかけます。

火神と木吉がマークすることで青峰は高速で動きシュートする状況を作る。

その後で黒子が青峰の視界に入って、シュート精度を悪くさせるというのが狙いだったようです。

黒子の狙い通りシュートを外してしまう青峰。

そこからさらに6点差まで詰め寄る誠凛高校。

『黒子のバスケ』の133話のネタバレ!青峰の強制ゾーン解放

6点差まで詰め寄り、誠凛高校はゾーンプレスを選択。

ボールを奪取して日向がシュートを撃ちますが、相手選手の桜井がブロック。

しかしファウルとなりフリースロー3本を獲得します。

この状況で青峰は深呼吸しながら全てをぶつけられる相手が見つかったことに笑みを浮かべます。

そして誠凛高校は3点差としますが、青峰はあっさりと誠凛高校のメンバーを抜き得点しました。

青峰はゾーンに入っていて、極限の集中状態に入っている様子。

茫然とする誠凛高校。

『黒子のバスケ』の134話のネタバレ!火神の勝機

景虎も青峰が自力でゾーンに入り100%の力を発揮していることに驚きます。

何人でマークしても突破される誠凛高校。

自分の意思でゾーンをこじあけた青峰に、他のキセキの世代のメンバーも驚きを隠せません。

青峰は中学時代から実力が上がりすぎ、退屈していました。

『試合には出る。練習には出ない。』それが推薦をくれた高校への入学条件だったんです。

これ以上練習したら、もっと面白くなくなるというのが理由だったみたい。

そんな青峰を好意的に見ていたのが、桐皇学園の監督。

青峰は今吉の『最強でいる覚悟が出来たら入れてやってもいい』という言葉で入学を決意。

ゾーンに入った青峰ですが、誠凛高校はひるむことなく攻撃をして誰一人諦めていない様子。

しかし青峰はさらにトリックシュートで点差を広げます。

火神はそんな状況で青峰との1対1を申し出ました。

スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の135話のネタバレ!火神もゾーンに入る

ゾーンに入った青峰と1対1をやるという火神。

勝算はないが『青峰だけは俺が1人でやらなきゃ』と決意していました。

その様子を見て日向は『2分だけやる』とフォローすることを決めます。

しかし試合が始まると、青峰を止められない火神。

しかもミスディレクションのオーバーフローの効果が切れてボールをカットされてしまいます。

そのボールに飛びついた黒子。

そのまま木吉がゴール下で得点して、何とかくらいついていきます。

火神は青峰を止められない自分にイラだちます。

そして『泣いている仲間を見るのはもう嫌だ』と思った瞬間に、急に青峰のボールをカットする火神。

火神もゾーンに入り、青峰と戦えるようになりました。

『黒子のバスケ』の15巻の内容は以上となります。

もし無料で『黒子のバスケ』の15巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『黒子のバスケ』の15巻を無料で買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中からアニメ版の『黒子のバスケ』も楽しめますよ。

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『黒子のバスケ』の15巻を読む

『黒子のバスケ』の15巻の感想!青峰と火神のゾーンがカッコいい

『黒子のバスケ』の15巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

もし続きが気になるなら、黒子のバスケ16巻も読みましょう。

参考⇒『黒子のバスケ』の16巻のネタバレ

『黒子のバスケ』を15巻のネタバレ!誠凛高校は勝てるのか?最終決戦

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 黒子のミスディレクションが切れた誠凛高校
  • しかしミスディレクション・オーバーフローで反撃
  • 黒子に逆に視線を集める技にはリスクもあった
  • 青峰が接戦に勝とうとゾーンに入る
  • 火神もゾーンに入り青峰と対決する

このような流れとなっています。

ちなみに『黒子のバスケ』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば、好きな単行本を無料で読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『黒子のバスケ』を全巻どれでも無料で読む方法を調べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました