『黒子のバスケ』の17巻のネタバレ!誠凛高校と陽泉高校が激突!紫原の守備力がヤバい

スポーツ

今回は『黒子のバスケ』の17巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『黒子のバスケ』の16巻までの流れは以下の通り。

  • ゾーンに入った火神と青峰が対戦する
  • 青峰は限界を迎え火神を止められなくなる
  • 最後は黒子からのパスを火神がダンクして誠凛高校が勝利
  • 2回戦も試合後半に逆転をしてい誠凛高校が勝ち進む
  • 次に対戦する陽泉高校は1回戦・2回戦を無失点で終えていた

もし漫画で『黒子のバスケ』の17巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えば『黒子のバスケ』の17巻を無料で読めますよ。

出典元 U-NEXT

『黒子のバスケ』の17巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って17巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中からアニメ版の『黒子のバスケ』も視聴できます。

▼『黒子のバスケ』の17巻が無料で読める▼

※この記事の情報は2021年4月時点のものです。

『黒子のバスケ』の17巻のネタバレ!誠凛高校と陽泉高校が激突!

ではさっそく『黒子のバスケ』の17巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れているなら、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『黒子のバスケ』の16巻のネタバレはこちら

今回の17巻の内容は以下のとおり

『黒子のバスケ』の17巻の情報

  • 発売日 2012年4月4日
  • 出版社 集英社
  • 掲載雑誌 少年ジャンプ

『黒子のバスケ』の17巻の目次

  • 第145Q 試合開始
  • 第146Q 止めよーかい
  • 第147Q オレが守る
  • 第148Q 初得点
  • 第149Q 付け焼き刃じゃ張れねーよ
  • 第150Q まかせとけ
  • 第151Q 叩き潰したいんだよ
  • 第152Q 絶対防御破りだ
  • 第153Q 決まってらあ
スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の145話のネタバレ!青峰との特訓

青峰と一緒にシュート練習をする黒子。

青峰のアドバイスで成功率7割となった黒子。

もともと黒子はパスの出し方が独特で、そのせいでシュートの成功率が悪かったようです。

なので黒子が自然に投げやすいフォームにしたら、シュート成功率が改善できました。

お礼を言う黒子に、青峰は『紫原は強い。あいつから点を取るのは俺でも至難の業だ』と忠告します。

そんな経緯もあって誠凛高校は会場に到着。

火神も昔から兄と慕っていた氷室との決着を待ち望んでいました。

一方で陽泉高校は2mが3人もいるという大型チーム。

紫原も木吉に『まずはあんたから、ひねりつぶすから』と宣戦布告します。

紫原vs木吉、氷室vs火神の因縁がある、誠凛高校と陽泉高校との試合が始まります。

『黒子のバスケ』の146話のネタバレ!陽泉高校と紫原の守備力

ジャンプボールで圧倒的な高さを誇る紫原

しかしファウルを取られて誠凛高校ボールとなります。

最高到達点は火神より高いことがわかり圧倒される誠凛高校の部員たち。

しかしすぐに高速パスを披露して、陽泉高校のDFを突破しようとします。

それでも紫原は日向のシュートをブロック。

次は黒子を経由してコートを横にぶった切るパスを出してウラをかきます。

火神がシュートを放ちますが、それも紫原がブロック。

3Pラインより内側は全て紫原のテリトリーで、防がれてしまいます。

『黒子のバスケ』の147話のネタバレ!木吉の特訓

先取点はOFのリバウンドをとった陽泉高校。

黒子からのパスでカウンターを狙いますが、紫原は最初から攻めていないのでカウンターが効きません。

日向が外から狙いますが、それでも相手にブロックされ、さらにリバウンドもとれない誠凛高校。

このままだと0点ゲームになるとアレックスも心配。

その心配通り、第1Qの終盤になっても18-0というスコアで誠凛高校は得点できず。

しかしリバウンド勝負になり木吉は石を手づかみで取る特訓の成果を出し、片手でボールを取ります。

スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の148話のネタバレ!初得点は黒子

18-0のまま第1Qが終了。

誠凛高校は紫原がいるインサイドから勝負を仕掛けようとします。

そんなときに黒子が口を開きました。

そのまま第2Qに突入。

木吉から火神にアリウープを出しますが、紫原は連続でブロック。

しかし火神はそこから黒子にパスを出します。

紫原は黒子の異質なシュートフォームに驚きます。

さらに紫原のブロックした腕をボールがすり抜けて、そのままゴールへ。

誠凛高校の初得点は黒子の幻影のシュートから決まりました

『黒子のバスケ』の149話のネタバレ!火神のリバウンド

シュートが消えたことに驚く陽泉高校の部員たち。

今大会で初めて陽泉高校から得点したということで場内も盛り上がります。

青峰は黒子に『パスするときみたいに手のひらでシュートしてみろ』とアドバイスをしていました。

もともと黒子はパスを手で押し出すことが多く、それがシュートの制度の悪さに関係していたみたい。

ただそこからシュートを消えるという必殺技にしたのが黒子の努力でした。

しかし陽泉高校は得意のゴール下で簡単に得点を取り返します。

黒子も消えるドリブルから日向にパスを出して誠凛高校も少しずつ得点ができるようになりました。

それでも岡村と火神のところから失点してしまう誠凛高校。

すると木吉が火神に『もっと腰を落とせ』とアドバイスをします。

火神はそのアドバイス通りに腰を落として、岡村と競り合いに勝てるようになりました。

火神がシュートをブロックできたことで、さらに誠凛高校は活気づきます。

『黒子のバスケ』の150話のネタバレ!後半戦が開始

リバウンドでも勝負できるようになり、誠凛高校は勢いづいていました。

黒子のシュートも決まり前半を終えて29-17と点差を詰めていきます。

しかし火神は『このまま行かせてくれるわけない』と陽泉高校を警戒します。

それに黒子のミスディレクションの効果も考えると、第3Qはベンチに送らなければなりません。

ミスディレクションオーバーフローも、ゴール下が強い陽泉高校には不向き。

火神が氷室を、木吉が紫原と、どこまで戦えるかがカギとなります。

第3Qが始まると、誠凛高校はトライアングルツーにして黒子がいない守備の陣形を取ります。

そして氷室にボールがわたり、火神との対決を迎えました。

『黒子のバスケ』の151話のネタバレ!氷室VS火神

青峰は氷室を一目見ただけで、『できる選手だ』と気づきます。

黒子も『身にまとっている空気はキセキの世代と変わらない』と警戒。

実際に氷室のプレーは華麗な流れで、会場にいる人たちを引き付けます。

滑らかなプレーすぎて誠凛高校の選手は一歩も反応できず。

氷室は成長した火神と決着をつけたいがために、兄弟であると約束した過去を消したがっていました。

仲が良かったころがあると、戦う時に無意識のセーブがかかってしまうと。

そんなセーブをしなくなった氷室はミラージュシュートといって、ボールがブロックをすり抜けるシュートを披露。

火神のブロックをすり抜けて得点します。

さらに氷室は火神に『もっと本気でこい』と挑発しました。

『黒子のバスケ』の152話のネタバレ!黒子抜きで絶対防御を破る

氷室との勝負に徹しきれない火神はいったんベンチへ。

木吉も『あいつは優しすぎる』と火神の印象を語っています。

そして黒子もベンチにいる状態で、紫原がいる絶対防御を破らないといけない状態に。

木吉とマッチアップする紫原は『勝てないのに努力する人間の気持ちが理解できない』と伝えます。

木吉は『目標に向かって努力することが楽しいんだ』と、紫原に勝負をしかけます。

しかし木吉のシュートは紫原にブロックされました。

それでも諦めない木吉は、なんと3Pを決めて得点。

そこからさらに木吉がポイントガードとして、試合をコントロールしようとします。

木吉はわざと遠めの位置から紫原をおびき寄せて、味方選手の伊月にパス。

紫原が着地して守備に戻る前に、伊月は木吉にリターンパスをしてダンクを演出しました。

木吉がポイントガードをしたのは紫原の守備位置をズラすことにあったんです。

スポンサーリンク

『黒子のバスケ』の153話のネタバレ!火神も復活

木吉はさらにPGとして試合をコントロール。

紫原も最初はブロックで飛ばないように気を付けています。

しかし自分が行かなければ、木吉は普通にシュートを撃つため、守備に行かざるを得ない状況に。

紫原が守備へ行けば、木吉や伊月からパスが回り日向もシュートを打ちやすそう。

木吉はわざと紫原を挑発させ、自分に守備をするように誘導していたんです。

青峰もそのことに気づいていて『人の好さそうな顔して、したたかだ』と木吉を評価していました。

誠凛高校は相手チームがTOをとったタイミングで火神を交代で入れます。

火神は100%集中した状態で氷室とマッチアップできるようになっていました。

そんな火神は氷室のフェイントにもついていき、相手のシュートをブロックします。

『黒子のバスケ』の17巻の内容は以上となります。

もし無料で『黒子のバスケ』の17巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『黒子のバスケ』の17巻を無料で買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中からアニメ版の『黒子のバスケ』も楽しめますよ。

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『黒子のバスケ』の17巻を読む

『黒子のバスケ』の17巻の感想!紫原の守備力がヤバい

『黒子のバスケ』の17巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

幻影のシュートスゲー!
紫原も人間じゃないぐらい強い!俺もでかくなりたい

引用元 Amazon

もし続きが気になるなら、黒子のバスケ18巻の内容も読んでおきましょう。

参考⇒『黒子のバスケ』の18巻のネタバレ

『黒子のバスケ』を17巻のネタバレ!誠凛高校は絶対的な守備力を持つ陽泉高校を破れるか

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 黒子は青峰と特訓してシュートを身に着ける
  • 誠凛高校と陽泉高校の試合が始まる
  • 紫原の守備力が高く得点できない誠凛高校
  • しかし黒子の消えるシュートで初得点を決める
  • 後半戦になり木吉をPGにして陽泉高校の守備に挑む
  • 火神も氷室と完全決着をする覚悟を持つ

このような流れとなっています。

ちなみに『黒子のバスケ』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば、好きな単行本を無料で読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『黒子のバスケ』を全巻どれでも無料で読む方法を調べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました