『監禁嬢』の4巻のネタバレ!加藤カコが文化祭で岩野と葵に仕掛けた罠が発覚

サスペンス

今回は『監禁嬢』の4巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『監禁嬢』の2巻までの流れは以下の通り。

  • 加藤カコは柴田先生を仲間にする
  • 柴田先生は岩野と成美の不倫をでっち上げる
  • 岩野は元恋人の葵に話を聞きに行く
  • 皮谷先生に工作をバレていた柴田先生
  • 加藤カコは柴田と皮谷を消して文化祭へ向かう

もし漫画で『監禁嬢』の4巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えば『監禁嬢』の4巻(660円)を割引して60円で読めますよ。

出典元 U-NEXT

『監禁嬢』の4巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って4巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめます。

(18歳以上なら見放題作品の中の大人向け動画も視聴可♥)

▼『監禁嬢』の4巻が読める▼

※この記事の情報は2020年12月時点のものです。

『監禁嬢』の4巻のネタバレ!加藤カコが文化祭で仕掛けた罠のせいで岩野が失業?

ではさっそく『監禁嬢』の4巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れているなら、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『監禁嬢』の3巻のネタバレはこちら

今回の4巻の内容は以下のとおり

『監禁嬢』の4巻の情報

  • 作者 河野那歩也
  • 発売日 2017年10月28日
  • 出版社 双葉社
  • 掲載雑誌 漫画アクション

『監禁嬢』の4巻の目次

  • 第26話 家族
  • 第27話 ペン
  • 第28話 手
  • 第29話 違和感
  • 第30話 潜入
  • 第31話 歌
  • 第32話 夢
  • 第33話 執着
  • 第34話 音源

監禁嬢 26話のネタバレ 皮谷先生を仕留める加藤カコ

ここでは前回の話で描かれなかった皮谷先生と柴田先生の出来事について。

柴田先生は幼少期に母が病気になってしまい祖父母の家で育ったようです。

そして高校生になってから父親からお金を貸してほしいと頼まれたこともあったよう。

そんな昔を思い出しながら柴田先生は『自分が消されそうになった時より、人を消す今の方が怖い』とカコに伝えていました。

皮谷先生が目を覚ますと、目の前にカコと柴田先生の姿が。

カコは『あなたは今日ここで消えます』と断言。

どうせ結果が変わらないからこそ目覚めるまで待ったと、カコはカギで皮谷先生を傷つけます。

すると柴田先生が『カコちゃん待って!』と止めました。

そして『私にもやらせて』とお願いします。

監禁嬢 27話 のネタバレ 柴田先生が守りたいもの

柴田先生は『私にもやらせて。もともと私のミスだから』とカコに言います。

カコは『君の覚悟を尊重するよ』と言い、柴田は言葉通り皮谷先生を傷めつけます。

しかし柴田先生は凶器を滑って落としたフリをして、加藤カコを攻撃しました。

カコは肩を負傷して『茜ちゃん、どうして?あんなクズのために』と聞きます。

柴田は『どうしようもないクズだよ。それでも家族はその帰りを待ってるの』と叫びます。

するとカコは『やっぱり君はおもしろい。でも、ゴメン』と手元にあるペンを拾おうとしていました。

監禁嬢 28話のネタバレ 加藤カコが2人を始末する

カコは右手でペンを持ち、柴田先生の首をさします。

そしてとどめをさして『ありがとう茜ちゃん。君のことは覚えてるよ』と言い、皮谷先生の元へ。

すると柴田先生は最後の力を振り絞ってカコの足にしがみつきました。

しかし力尽きてそのまま倒れてしまいます。

助けを求める皮谷先生ですが、カコは『黙れ。お前はわき役にすら値しない』と一蹴。

2人を始末した加藤カコは、翌日に岩野のいる文化祭に参加していました。

監禁嬢 29話のネタバレ 葵と藤森が文化祭で会う

職員室では文化祭ということでハメを外す生徒がいないようにと注意事項を確認。

そして皮谷先生と柴田先生が無断欠勤していることに岩野は違和感を覚えます。

しかしカコと柴田先生のつながりを知らない岩野は、『気にしすぎ』と思い込むようにしました。

そんな学校の文化祭にやってきたのが岩野の元カノである葵。

すぐに藤森に見つかってしまい、二人でたこ焼きを食べることになります。

藤森はまだ未練がありそうな葵をみて『痛々しいですね』と正直に言います。

すると葵は『ヨリを戻したいわけじゃないけど、1つだけ聴きたいことがある』と答えました。

藤森は『せっかくなんで一緒に回りましょうよ』と葵を誘いました。

そんな仲のよさそうな二人を後ろから見ていたのが加藤カコ。

葵がきたことは想定外でしたが『より祭りが盛り上がる』と笑います。

生徒会室では岩野と不倫していると嘘の情報で被害になった成美が一人で放送室の仕事をすることに。

すると柴田先生から連絡で美術準備室に来るように指示がきます。

それは加藤カコが柴田先生のスマホを使って出した指示でした。

監禁嬢 30話のネタバレ 放送室へ潜入する加藤カコ

田原は廊下で岩野とばったり遭遇。

周りの目を気にしてすぐにその場を去ろうとする田原に岩野は声をかけます。

岩野は『悪かった。事実無根なんだ。何も心配することはない』と言います。

田原は岩野のことが好きなのは事実なので『ほんの少しでも先生は私のこと…』と言いますが、ハッキリとは伝えられません。

そして『柴田先生から頼まれたから』と言い美術準備室に行こうとすると、岩野はまた違和感を覚えます。

『柴田先生は休みのはず』と思う岩野ですが、田原は気にせずその場を走り去っていきました。

するとそこに藤森が岩野の元カノである葵を連れてきます。

藤森は岩野と葵を2人きりにさせてあげました。

葵は岩野が教師になり結婚したことも友達から聞いていた様子。

葵は『なぜ美沙を選んだのか』ということでモヤモヤしていたようです。

一方で田原は美術準備室へ行くと、そこには加藤カコの姿が。

田原は後ろから眠らせてしまい、加藤カコは放送室のカギを手に入れ中に入ります。

ここから加藤カコが先日、岩野に言っていた”大ヒント”が出てくるようです。

監禁嬢 31話のネタバレ 当時の音源

放送室に忍び込んだ加藤カコは、ある音楽を流します。

その音楽を聴いて岩野と葵は驚きました。

その曲は葵が大学生のときに初めて作ったもので、もちろんCDなどにはしていない曲だったんです。

『音源も私の実家くらいにしかない』という葵。

ここからは6年前の話になります。

岩野は舞台で歌っている葵を見つめていました。

そしてライブ終わりに葵に声を掛け『すごく良かったです。またライブ見に来ていいですか』と照れ臭そうにいう岩野。

その後も授業で一緒になり友達になった様子の二人。

そして1年ほどたったときに2人で映画を見に行くことに。

映画終わりに岩野は『付き合ったりしたい男とかおらんの?』と葵に聞きます。

葵は恥ずかしそうに『そんなんおったらここ来てないし』と答えます。

すると岩野は『俺はいるよ。今、目の前に』と葵に告白しました。

監禁嬢 32話のネタバレ お互いの夢

岩野と葵は大学で付き合うことに。

その日も『ヒロくん、それあかん。すぐイってしまうから』と愛し合っていました。

そして大学にはその後に岩野と結婚する美佐子も葵の友達だった様子。

岩野は教員試験を受けずに小説家になりたいという夢を葵に伝えて、卒業したら東京に行きたいとも言います。

葵はその言葉に『最高や!私も音楽で食べていきたい。一緒に東京に行って暮らそう』と提案。

岩野は嬉しく思っていました。

しかし岩野がバイトをしていると知ると、葵は急に岩野のバイト先に『今日で辞めます』と電話を入れます。

『お前のためにバイトしたのに』という岩野に、葵は『全然嬉しくない。ヒロくんは好きなコトだけすればいい』といいます。

しかし岩野は小説の選考で落ちてしまい、逆に葵のバンドはデビューが決まった様子。

岩野は葵との差を感じていました。

監禁嬢 33話のネタバレ 岩野と葵の別れ

岩井は順調に夢をかなえていく葵に劣等感を抱いていた様子。

ある日、お金を葵に渡して『別れよう』と言い出します。

葵は『私はヒロくんのために働いてるのに』というと岩野は『それがきつい』と。

自分は小説だけ書いてるのに落選、一方で葵は働きながら歌手の夢を叶えているという才能の違いだと思っていました。

これまで迷惑かけた分のお金を返して強制的に家を出る岩野。

葵は泣きながら『ヒロくんがおらへんかったら何もできない。謝るから行かんといて』と懇願。

しかし岩野は『おれはお前の精神安定剤じゃない』と振り切って家を出ます。

岩野はその別れた当時を思い出して『俺はお前の望む俺でいることができなかったんだ』とつぶやきます。

監禁嬢 34話のネタバレ 加藤カコの真の狙い

岩井はとりあえず、この音源の出所を調べるために葵には実家に電話するように頼みます。

自分は放送室に行こうとしますが、葵はあらためて『美佐子の何が良かったん?』と質問。

岩井は昔、美佐子に『何で何も言わないの?小説も書いていないのに』と聞いたことがあるようです。

すると美佐子は『ヒロちゃんは基本もがいてる。なにをしててももがく。それがヒロちゃんなら別にいい』と言いました。

その時に岩野は『今まで何か足りないと思っていたことが満たされた感じたした。』

そして『だから小説は必要なくなった』と告げました。

すると放送室からの音楽が終わって、男女の話声が聞こえます。

岩野は何かを察したように放送室に向かって走り出しました。

しかし加藤カコは放送室にカギをかけ、岩野と葵が当時に行為をしていた声が学校中に響きます。

岩野は放送室の前につきますが、カギがかかっていて入れません。

岩野はその日文化祭で教師と言う役を失いました。

『監禁嬢』の4巻の内容は以上となります。

もし漫画で『監禁嬢』の4巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『監禁嬢』の4巻(660円)を割引して60円で買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめますよ。

(大人向け動画も見放題作品に入っていますよ♥)

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『監禁嬢』の4巻を読む

『監禁嬢』の4巻の感想!文化祭の一件ヤバすぎ

『監禁嬢』の4巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

もし続きが気になるなら、監禁嬢の5巻の内容も読んでおきましょう。

参考⇒『監禁嬢』の5巻のネタバレ

『監禁嬢』を4巻のネタバレ!加藤カコの罠で岩野が失業。

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 柴田先生は皮谷先生を守る
  • しかし加藤カコに返り討ちにされる
  • 文化祭に潜入した加藤カコ
  • 放送室へ入り葵の歌の音源を流す
  • 歌の後に岩野と葵の行為の声も流された

このような流れとなっています。

ちなみに『監禁嬢』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば割引してお得に読むことができます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『監禁嬢』を全巻どれでも無料で読む方法を調査してみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました