『監禁嬢』の9巻(最終巻)のネタバレ!岩野に近づく加藤カコの真の狙いや正体が判明

サスペンス

今回は『監禁嬢』の9巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『監禁嬢』の8巻までの流れは以下の通り。

  • 舞は加藤カコではないことが判明
  • 舞と公園で行為をしてしまう岩野
  • 刑事がカコを発見するも逃がす
  • カコはそのまま藤森を襲う
  • 加藤カコは中学時代の同級生で男だったことを思い出す

もし漫画で『監禁嬢』の9巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

特に今回は言葉が少なく絵の描写が多いので、ポイントを使って『監禁嬢』の9巻を割引して読む方がオススメ。

出典元 U-NEXT

『監禁嬢』の9巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って9巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめます。

(18歳以上なら見放題作品の中の大人向け動画も視聴可♥)

▼『監禁嬢』の9巻が読める▼

※この記事の情報は2021年4月時点のものです。

『監禁嬢』の9巻のネタバレ!岩野とカコの関係や正体が判明!衝撃のラスト

ではさっそく『監禁嬢』の9巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れているなら、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『監禁嬢』の8巻のネタバレはこちら

今回の9巻の内容は以下のとおり

『監禁嬢』の9巻の情報

  • 発売日 2020年2月28日
  • 出版社 双葉社
  • 掲載雑誌 漫画アクション

『監禁嬢』の9巻の目次

  • 第71話 回答
  • 第72話 解錠
  • 第73話 本性
  • 第74話 幸福
  • 第75話 悲劇
  • 第76話 惨劇
  • 第77話 絶望の果て
  • 第78話 贖罪
  • 第79話 永遠
  • 最終話 人生

『監禁嬢』の71話のネタバレ!岩野が蓋をしていた過去

岩野は中学時代、男の友達と集まり、性の遊びをしていました。

お互いのアソコを口に加えて、先にイカセた方が勝ちというゲームをしていた岩野。

周りから見れば異常かもしれませんが、当時の岩野達の間では普通の遊びだった様子。

しかし飽きてきたこともあり『新しいやつを入れよう』という話になります。

そんなときに声を掛けたのが合原陽太という同級生でした。

岩野はその男こそが加藤カコだと確信していました。

当時の岩野たちは合原を、連れて外へ行き、いつものように遊ぶことに。

合原は逃げましたが捕まり、強制的に参加させられたようです。

岩野は『謝って済む問題じゃない。お前の目的は復讐だ』とやっと答えを出しました。

『監禁嬢』の72話のネタバレ!岩野が抱いた疑問

岩野は『何でおれだけなんだ?』とカコに問います。

カコは『本当は全てを解いて欲しかったけど、目的を優先します』と首の南京錠を外しました。

カコの背中には無数の傷があり、『あなたの父からつけられた』とカコは語ります。

さらにこういった虐待を受けていたのはカコだけではないと指摘。

それが弟の合原陽太であると言います。

実は加藤カコは合原陽太の姉だったんです。

14歳から3年間の間、陽太と一緒に岩野の父親に監禁されていたと語るカコ。

そしてカコは岩野のスマホに、ある動画を送りました。

その動画ではカコが藤森を、めった刺しにする様子が撮られていたんです。

茫然とする岩野に『もっとクリアに思い出せ』と叫ぶカコ。

『監禁嬢』の73話のネタバレ!岩野の復讐

岩野には藤森との今までの思い出が頭の中をよぎっていました。

そして『大好き』と言ってくれた藤森を思い出し泣き出す岩野。

カコを殴りますが、カコはなぜか無抵抗のままでいます。

そのまま首をしめられるカコ。

『監禁嬢』の74話のネタバレ!カコの過去①幼少期

(ここからはカコの生い立ちが描かれていますが、セリフはなく絵の描写だけになります)

カコは幸せな夫婦のもとで生まれ、弟もできました。

弟ができたときにおばあさんが亡くなったようで、泣きながら葬儀をする親。

それでも両親はとても仲良く、兄弟も中が良さそうに遊んでいました。

『監禁嬢』の75話のネタバレ!カコの過去②中学時代

大きくなったカコと陽太は仲良さそうに遊んでいます。

ある日に父親が釣りに連れていくことにしますが、二人は酔ってしまったみたい。

それでも父親は優しく子供に釣りを教えていました。

するとカコが強風にあおられて船から落ちそうになります。

そんな子供のピンチを救ったのも父親でした。

そのまま仲良く育ち中学生になった二人。

いつものように父親が漁に出ますが、急に台風が上陸したというニュースが入ります。

そのままカコの父親はこの世を去ってしまいました。

その日から母親は部屋を散らかし、日記に”×”とつけ続けています。

そして葬儀をしているときに、笑いをかみ殺していたのが岩野の父親でした。

『監禁嬢』の76話のネタバレ!カコの過去③岩野の父親

岩野の父親はカコと陽太を監禁して、楽しんでいた様子。

父親は陽太の前でカコの後ろからアソコを入れて見せびらかし、さらにカコに陽太のアソコを舐めさせます。

さらに岩野の父親は『共同生活個別誓約書』というものにサインさせ、二人を拘束していました。

カコは家に帰ると自分の母親と岩野の父親が行為をしている姿を目撃。

カコは岩野の父親のズボンにあったカギを盗み、弟を助けようとしました。

しかしその様子を岩野の父親に見られ、それから体にキズをつけらたんです。

年月が経ち、どんどん傷が増えていく二人。

ある日、カコは宿に戻ると、横たわる陽太に心臓マッサージをする母親がいました。

陽太は岩野の父親のせいで死んでしまったんです。

『監禁嬢』の77話のネタバレ!カコの過去④復讐

カコはその様子をみて逆上し、母親にベンチを持って襲い掛かります。

そのまま岩野の父親にも攻撃しますが、岩野の父親は関係なく、カコのアソコに手を入れて舐め始めました。

岩野の父親はそのままカコと行為をしようとしますが、母親がそれを阻止して、自分のアソコに入れようとします。

そんな様子を見てカコは、岩野の父親の首を鍵で切りつけました。

大量に出血する岩野の父親ですが、それを意に介さずカコに無理やり行為をして、そのまま命を絶ちます。

カコはそのまま母親も手にかけ茫然としていました。

そして岩野の父親の携帯を見ると、そこには岩野からも陽太が暴行されていた画像を発見。

カコは泣きながら『ありがとうございます。』とつぶやきました。

(ここで回想シーンは終わり)

カコは岩野から首を絞められながらも、泣きながら『ずっとあなたの手で終わらせてほしかった』と言います。

『監禁嬢』の78話のネタバレ!岩野の決断

岩野はその言葉を聞いて『それがお前の目的なら、生かす』と言いました。

そしてさらに『義務としてしか、自分を悪いと思えない』と告白。

自分の父親がしていたことは本当に知らなかったようで、自分が陽太にしたことも仲間にした感覚だったと弁明。

岩野はこれまで自分の過去と向き合ったことで『過去に対してできることが1つだけある』と言います。

それが何かカコが尋ねると『なかったことにしないこと』と答える岩野。

『償う』という岩野に、『そんなことするなら首を締めろ』と叫ぶカコ。

カコは岩野に殺意を作るために、今まで計画を練っていました。

そのために岩野にとって大事な存在である娘ができるまで待ったとも言います。

それでも拒む岩野にカコは諦め警察へ行くことに。

途中でカコは『警察に行く前に最後に行きたいところがある』と岩野をある場所へと連れていきました。

『監禁嬢』の79話のネタバレ!カコの最後

カコが岩野を連れてきたのは藤森がいた場所。

血まみれの藤森を見て茫然とする岩野ですが、なんと藤森は生きていました。

カコは自分の手を指して血を藤森に浴びせていただけだった様子。

カコの目的は岩野に殺意を作ること。

そのためには藤森は生きていた方がより残酷になると計算していたようです。

岩野が自分を手にかけて、その後で実は藤森が生きていたと知った方が、岩野に精神的なダメージを与えられると思っていたんです。

そしてカコは『13年前、ここで終わろうとしていた私を救ってくれて嬉しかった』と岩野に言います。

そのまま鍵で自分の目や口や鼻を刺し始めるカコ。

『消えない記憶として私を刻んでください』と言いながら、自分で命を絶ちました。

『監禁嬢』の最終話のネタバレ!岩野がとった選択

カコがいなくなってから時間は立ち、文未乃は無事に本屋を再開していました。

葵も歌手としてまた舞台に立っていて、そのライブに藤森も客席から見守っていました。

一方で岩野はそのライブには足を運べずにいます。

カコのスマホには真実が詰まっていて、カコがした罪が全て書かれていたようです。

しかし岩野の罪については何も書かれていませんでした。

岩野は罪悪感もあり警官にすべてを話します。

しかしそれでも自分の自供だけで、当時未成年だったこともあり大した罪にはならないと言われていました。

そんな岩野と藤森を交際を続けていた様子。

『何で付き合ってるの?』と友だちに聞かれると藤森は『私がいないとダメだと思った』と答えます。

それに『誰も許さないのに私だけは許した。これで岩野は自分を裏切れない、ずっと尽くさないといけない』とも言いました。

岩野も藤森の許しに甘えて、藤森と一緒に生きることを選んだんです。

しかし罪の意識は消えず、大阪を歩いていても、通行人が全員カコに見える錯覚に襲われていました。

うずくまる岩野に『パパ』と声を掛けたのが大きくなった娘のヒワ。

奥さんとは離婚したようで『9時に迎えに来る』とだけ言い去っていきます。

岩野はヒワの手を取りながら、歩きだしました。

『監禁嬢』の9巻の内容は以上となります。

もし漫画で『監禁嬢』の9巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『監禁嬢』の9巻を割引して買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめますよ。

(大人向け動画も見放題作品に入っていますよ♥)

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『監禁嬢』の9巻を読む

『監禁嬢』の9巻の感想!ラストシーンや結末の感想

『監禁嬢』の9巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

『監禁嬢』を9巻のネタバレ!カコは岩野や父親が生んだ産物だった

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 岩野は中学時代に男たちだけで性の処理をしていた
  • そのグループに新しく加えたのが陽太という同級生だった
  • 岩野は陽太がカコだったと確信する
  • しかしカコは陽太の姉だった
  • カコは陽太と一緒に岩野の父親に虐待されていた
  • 岩野の父親は陽太を手にかける
  • そしてカコは岩野への復讐を生きがいにしていた
  • ただ岩野はカコに罪を償うことを望む
  • カコは自ら命を絶つ
  • その後、岩野は藤森と交際を始め妻とは離婚していた

このような流れとなっています。

ちなみに『監禁嬢』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば、好きな単行本を無料で読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『監禁嬢』を全巻どれでも無料で読む方法を調べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました