『娘の友達』の7巻(最終巻)のネタバレ!ラストシーンや晃介と古都の行方は?

サスペンス

今回は『娘の友達』の7巻の内容(ネタバレ)をお話します。

『娘の友達』の6巻までの流れは以下の通り。

  • 市川は会社に戻ると部長から告発メールを問いただされる
  • 古都に公園でメールの件を伝える市川
  • 『お母さんと話し合おう』と言うが古都は無視
  • キスしていたところを古都の母親に見られる
  • 警察に連れていかれる市川だが、家に帰される
  • 古都は市川の元を離れることを決意して新幹線に乗る

もし漫画で『娘の友達』の7巻を読みたいなら動画サービスのU-NEXTを使いましょう。

今ならU-NEXTの無料トライアルに登録するだけで600ポイントがもらえる特典があります。

このポイントを使えば『娘の友達』の7巻を割引して読めますよ。

出典元 U-NEXT

『娘の友達』の7巻を読む3ステップ

  1. U-NEXTの無料キャンペーンに登録(3分で完了)
    公式⇒U-NEXTの無料キャンペーン登録はこちら
  2. 会員登録をして600ポイントをゲット!
  3. もらったポイントを使って7巻を買う

しかもお試し期間中は、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめます。

(18歳以上なら見放題作品の中の大人向け動画も視聴可♥)

▼『娘の友達』の7巻が読める▼

※この記事の情報は2021年4月時点のものです。

『娘の友達』の7巻(最終巻)のネタバレ!ラストはどうなる?

ではさっそく『娘の友達』の7巻の内容を話していきます。

もし前巻までの内容を忘れているなら、前巻のネタバレも読んで思い出しておきましょう。

参考⇒『娘の友達』の6巻のネタバレはこちら

今回の7巻の内容は以下のとおり

『娘の友達』の7巻の情報

  • 発売日 2021年02月10日
  • 出版社 講談社
  • 掲載雑誌 コミックDAYS

『娘の友達』の7巻の目次

  • 第54話 許されないこと
  • 第55話 あの日の、あの場所
  • 第56話 絶体絶命
  • 第57話 答え
  • 第58話 長い夜の終わり
  • 第59話 親子
  • 第60話 解放
  • 第61話 続いていく日々
  • 第62話 月を盗む
スポンサーリンク

『娘の友達』の54話のネタバレ!市川の本音

市川は電話を切ってすぐに、古都のもとへ走り出します。

家の前でタクシーを止めると、声をかけたのが娘の美也でした。

美也は古都と会った帰りだったようで、『どこに行くの?』と市川に聞きます。

如月の所に行くと答える父親に美也は『なんでお父さんが行くの?きいちゃんの親がやることでしょ?』とさらに質問。

そして『ここできいちゃんを選ぶなら、私はもう一生お父さんを許せない』とキッパリ言いました。

それでも市川は『あの子のこと好きなんだ。助けに行かなかったら自分を許せなくなる』と答えました。

『また裏切るの?』という美也に『朝までに戻る』と答える市川。

実は美也は古都と会ったあとに、古都の母親とも会っていたんです。

古都の母親は美也を見るなり『娘を返しなさい。あの子は穢しちゃいけない』と大声で叫びました。

そのまま怖くなった美也は、走って古都の母親から逃げていたんです。

美也は自分の父親が助けに行かないとダメなんだと知りつつも、それでも『何でお父さんがいかなきゃいけないの』と泣いていました。

『娘の友達』の55話のネタバレ!古都がピンチ

古都は新幹線に一人で乗ります。

市川と一緒に乗っていたことを思い出していました。

盛岡駅で降りてコンビニで夕食を買うことに。

そして24時間やっているインターネットカフェで泊まることにします。

昔、市川とネカフェで泊まったことを思い出して、二人で撮った写真を見返す古都。

そのまま眠っていると、扉をノックする音がありました。

古都が起きると、ドアの下から覗き込んでいる男性を発見。

その男性はコンビニから古都の後をつけていた様子。

勝手に部屋に入ってきて、古都は身の危険を感じていました。

『娘の友達』の56話のネタバレ!絶体絶命の状況で。

勝手に部屋に入ってた男組2人に驚く古都。

『あんまり強引だと怖がるだろ』と言いながらも、古都に近づく男たち。

『助けて』と大声で叫ぼうとすると口をふさがれてしまいます。

店員が扉を開けてくれて、古都は助けを求めました。

しかし店員もグルだったようで『ほどほどにな』といい扉を閉めてしまいます。

そのまま押し倒される古都は相手の手を噛んで抵抗。

そんな状況で部屋に入ってきたのが市川でした。

市川は状況を察して『何やってんだ』と怒り出します。

そして古都に『逃げろ』と叫びます。

古都は市川が来たことに驚き、動くことができません。

スポンサーリンク

『娘の友達』の57話のネタバレ!二人の想い

男2人に殴られる市川。

市川はそんな状況でも『早く逃げろ』と古都を助けようとしていました

男は『お前はこの娘の何なんだよ』と言うと答えられない市川。

それでも『俺は君に言わなきゃいけないことがある』と抵抗します。

すると店員が『さすがに騒ぎすぎだ』と止めに入り、男2人は逃げていきました。

古都はそのまま市川を膝枕して看病します。

市川は昔一緒に降りた駅で、一緒にいたインターネットカフェにいると思い、後を追ってきた様子。

古都は以前、市川宛に書いて母親に破かれた手紙を持っていました。

その手紙と写真を見ながら『この手紙と写真を捨てるために来たんです』と答えます。

市川は『美也に君のことが好きって言ってきた』と告白。

そして市川は『俺は良い父親を演じてた。でも良い悪いは君が自分で決めることだ』と言います。

『娘の友達』の58話のネタバレ!二人の気持ちが繋がる

市川は『この先もお互いに一緒に居たいと思っていたら、一緒に居よう』と告白します。

しばらく無言になる2人ですが、古都が『手をつなぎたい』と言い、2人は手をつなぎます。

また時間が過ぎ、次は『ギューッとしたい』と言い、2人は抱き合いました。

さらに古都は市川に近づきキスをします。

二人はしばらくキスをした後で、『キスがしたいです』と言い、もう一度キスをしました。

『娘の友達』の59話のネタバレ!それぞれの親子関係

市川は朝になり家に戻ってきました。

家には三崎が美也についてあげていたみたい。

三崎は『美也は一睡もせずに、あなたを待っていた』と言い、家を出ます。

美也は市川に『父さんは私のこと嫌い?』と顔を見ずに聞きました。

そして泣きながら『お父さんにお父さんじゃない一面があるなんてわからない』と言いました。

そんな美也を見て市川は『話をする時間をくれないか』と答えます。

一方で古都も家に帰ると、家の前にはパトカーが。

家に帰るなり、母親は『あの男と一緒にいたのね!!』と怒鳴ります。

答える間もなくビンタをする母親。

土下座を強要する母親ですが、古都は市川から『君が決めるんだよ』と言われたことを思い出し、立ち上がります。

そしてもう一度ビンタしようとする母親に抱き着きました。

古都はそのまま『私、お母さんと親子になりたいの』と言います。

『娘の友達』の60話のネタバレ!雪解け

『親子になりたい』と言われた戸惑う古都の母。

『家族だからこんなに心配してるのよ』と言いますが、古都は『お母さんは一人きりになるのが怖いだけだよ』と答えます。

動揺した母親は『誤魔化してないで本当のことを言いなさい』とまたビンタ。

それでも古都は『私はお母さんから逃げたの』と正直に答えました。

そしてお母さんにとっての良い子でいるのに疲れたと本心を打ち明けます。

さらに『お母さんも疲れたんだよね』と理解を示しました。

古都の母親も昔から、夫にとって良い妻であろうとして苦労をしていたようです。

古都はそれでも『お母さんは水槽の中の魚じゃないよ』と言い、お母さんにとっての幸せを見つけてほしいと伝えます。

その言葉に古都の母親は茫然として、古都を抱きしめようとしていました。

『娘の友達』の61話のネタバレ!市川の肩身の狭さ

市川は同じ会社でずっと働いていました。

それでも社内では女子高生と不倫した人がいると話題になっている様子。

市川と古都は、あの日から5カ月の間、一度も連絡をとっていませんでした。

以前とは違い自分から飲みに行こうと誘いますが、断られてしまう市川。

そんな辛い状況で働く市川ですが、カフェで『一緒に居よう』と古都とお互いの気持ちを確認したことが心の支えになっていた様子。

喫煙のお店を探す市川がたどり着いたのが、以前に古都がバイトしていた喫茶店でした。

『娘の友達』の62話のネタバレ!晃介と古都

古都の働いていた喫茶店の前に立つ市川。

『もうここではバイトしていないよな』と言いつつも、お店に入ります。

しかしそんな市川に声をかけたのが古都でした。

古都は母親からの許可をもらって、またバイトを再開したみたい。

『コーヒーが淹れられるようになった』ということで、市川は自分が注文したブラックコーヒーを古都に入れてもらうことにしました。

すると古都は『バイトもう少しで上がるので、お時間いただけませんか?』とお願い。

二人は一緒に帰ることになりました。

市川は古都と母親が上手くいっていることに安心します。

ただ自分自身は会社での立場が悪くなっていることや、少し辛いと愚痴を言ってしまう市川。

古都にも会いたかったけど、我慢していたことも伝えます。

すると古都は『今日の月とってもキレイ』と言い、その月を自分の手でつかむような仕草をします。

その手を市川の胸ポケットに入れて『これで少し苦しくなくなりますか』と聞く古都。

そんな仕草を見た市川は『きみが好きだ』と言い、古都も『私もです』と答えます。

市川はそんな古都との思い出を胸にしまって、その日も美也がいる家に帰っていきました。

『娘の友達』の7巻の内容は以上となります。

もし漫画で『娘の友達』の7巻を読みたくなったのなら、U-NEXTを利用すると便利。

U-NEXTの無料トライアルに登録して600ポイントをもらえば、『娘の友達』の7巻を600円引きで買うことができます。

しかも1ヶ月の間、見放題作品の中から映画やアニメを楽しめますよ。

参考⇒U-NEXTの無料トライアルを使って『娘の友達』の7巻を読む

『娘の友達』の7巻の感想!ラストの展開についての口コミ

『娘の友達』の7巻を読んだ人はどんな感想をもっているのでしょうか?

『娘の友達』を7巻(最終巻)のネタバレ!消化不良で終わった?

次回以降のストーリーが理解しやすいように、これまでの話を簡単にまとめておきます。

  • 市川は美也を家に置いて古都を探しに行く
  • 古都は以前、市川と一緒に寝たカフェで泊まる
  • そこで男性2人に襲われそうになる
  • 市川が古都を見つけ出し、古都は助かる。
  • 二人とも家に帰り、親子関係の修復をしようとする
  • 5カ月後に、二人は再会しお互いの気持ちを確認し合う

このような流れとなっています。

ちなみに『娘の友達』はU-NEXTの無料お試し期間でもらえるポイントを使えば、好きな単行本を無料で読むこともできます。

詳しくは以下の記事で解説しているので参考にしてください↓↓

参考⇒『娘の友達』を全巻どれでも無料で読む方法を調べてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました