楽天koboの使い方3ステップ【超基本】!おすすめ機能と端末別で使うときの注意点

楽天koboの使い方 電子書籍サービス
  • 楽天koboってどう使えばいいかわからない!
  • koboアプリを最低限、使えるようになりたい!

電子書籍は便利で使いやすいサービスですが、最初は使いづらくてイライラしちゃいますよね。

そこで今回は『楽天koboの使い方』を画像付きで解説していきます。

本を買ってから読むまでの最低限の機能と、端末別で気を付ける注意点を紹介します。

これだけ知っておけば『今日から使える』という基本的な使い方を中心にお話ししますね。

楽天koboの使い方!本を読むまでの手順とおすすめ機能

楽天koboを使って本を読む方法は、簡単に言うと次の3ステップに分けられます。

【楽天koboの使い方3ステップ】

  1. koboで電子書籍を買う
  2. 買った電子書籍をダウンロードする
  3. 端末で本を読む

【STEP1】koboで買いたい電子書籍を探そう

まずは読みたい本をkoboで探します。

電子書籍はアプリで使うkoboアプリでも、ブラウザのkoboストアでも探せます。

楽天koboは漫画から小説など幅広いジャンルを扱っているので、人気の本はだいたい取り扱っています。

koboで電子書籍を買うときに気を付けたいのは、買い方ではなく買うタイミング。

楽天koboでは定期的にクーポンやキャンペーンが行われます。

(期間限定なら無料で読める漫画も出ていますよ。)

【安く買える日の例】

  • 毎週木曜日 メンズデー
  • 毎週水曜日 レディースデー
  • 不定期 スペシャルプライスセール

欲しい書籍をリストアップして、還元率やSPUを見ながら買うと楽天ポイントも貯まりお得ですよ。

参考⇒楽天で買い方!お得に買うタイミング

参考⇒楽天でポイントサイト経由で買うならどのサイトがお得?

【STEP2】購入した本を読める状態にする

koboで電子書籍を買ってもすぐ読めるわけではありません。

次に必要なのは買った書籍の内容をダウンロードする手順。

アプリのマイライブライに進み同期をして、買った本をダウンロードします。

出典元 楽天kobo

一度ダウンロードしてしまえば、スマホをオフラインにしてもアプリで読むことができます。

Wi-Fiに接続してダウンロードしたほうが時短でストレスもないですよ。

参考⇒楽天でダウンロードできないときの原因と対策

【STEP3】電子書籍を読む!ページの戻り方や”しおり”など『おすすめ機能』を紹介

買った電子書籍をダウンロードしたら、koboアプリで読むことができるようになります。

電子書籍を読むときに最低限に必要な機能は次の3つになります。

本を読むときに使う機能

  1. ページを進める・戻る
  2. 読みやすいようにカスタマイズ
    文字サイズの変更,字体の変更,明るさの変更etc
  3. 読み返したいページに”しおり”をつける

(ⅰ)楽天koboでページの進む・戻る

koboでページを進める方法は超シンプル。

ページを進めたいなら画面の左、前のページに戻りたいなら画面の右をタップします。

実際の本を読むときの感覚と同じですね。

一気に飛ばし読みしたいときは画面の中央をタップします。

画面の下に、自分がどこまで読み進んだかわかるので、飛びたい箇所を選べばOK。

直感的に使えるので、本を読むこと自体は難しくはありません。

(ⅱ) 読みやすい工夫!【文字サイズの変更,画像の拡大など】

koboで本を読んでいて『ちょっと読みにくいなぁ』と思うことがあるかもしれません。

そんなときでもkoboはカスタマイズできるようになっています。

【koboのカスタマイズ】

  • 画面の拡大
  • 字体の変更
  • 背景の変更

koboアプリの場合は、画面の拡大は写真をアップするときと同じ感覚で使えます。

拡大したい箇所を指2本を使って広げれば、好きなだけ拡大できますよ。

またPCで使うkoboデスクトップアプリなら、全体的に文字サイズを変更できます。

字体を変えたいときも先ほどの同じメニューボタンで、用意された字体に変更できますよ。

利用可能な字体の例

  • オリジナル
  • Kobo筑紫明朝
  • UD角ゴ
  • ヒラギノ明朝
  • ヒラギノ角ゴシック

また明るさを変えたいときは、画面の真ん中をタップして真ん中のマークを押します。

すると『明るさ』と出るので、自動調整を辞めて、あなたが読みやすい明るさに変更しましょう。

(ⅲ)読み直したいページに印をつける!

本を読んでいくと大事なページや、お気に入りのシーンが出てくると思います。

そういったページをすぐ読み直せるように、koboでは印をつけることができます。

その方法が『しおり』と『ハイライト』

“しおり”をつけるには本の端末の右上をタップすればいいだけ。

これだけで目次から”書き込み”にいくと、しおりを付けたページが表示されます。

ただ”しおり”は付けづらいというデメリットも。

そんなときは手順は増えますがハイライト(線を引く)ことでも同じ効果が得られます。

マーカーを引きたい文章を長押ししてマーカーの色を決めれば完了。

しおりと同じで目次の書き込みへ移動すると、ハイライトに設定した箇所が一覧で出てきます。

後で読み返したいと思った箇所やページは『しおり・ハイライト』を使いましょう。

参考⇒楽天koboでの”しおり”の付け方とハイライトで方法

koboでは音声の読み上げができない

koboで1つ残念だと思っていることがあり、それがアプリ内に読み上げ機能がないこと。

小説やラノベなど読まなくて聴きたいというときもあるのですが、アプリ内には読み上げ機能はまだありません。

別のアプリをダウンロードすれば可能かもしれませんが、今後koboがアップデートして対応してほしいですね。

楽天koboの使い方!端末別で気を付けること【Android iPhone PC】

基本的な使い方は先ほど言った通り。

楽天koboの特徴の1つに複数端末で使えるという機能があります。

通常は端末3つまで同期可能とか端末に制限をかけているのですが、楽天koboは上限なし。

なので私もスマホ・タブレット・PCとすべての端末でkoboを使っています。

参考⇒楽天koboを複数端末で使う注意点!見られたくない書籍は?

ただ端末によって少しずつ使い方が変わるので、最後にその注意点を見ていきましょう。

iPhoneやiPadはAndroidと違ってアプリ内で買えない

iPhoneでもAndroidと同じでkoboアプリをダウンロードして本を読めます。

ただ1つ注意したいのがiPhoneなどのApple製品ではアプリ内で本を買えないということ。

Androidのスマホやタブレットならアプリ内で購入可能。

でもiPhoneは買えないので、ブラウザからkoboストアにアクセスして本を買う必要があります。

koboストアで書籍を買えば、アプリを起動して同期すれば、買った書籍が表示されます。

iPhone・iPadではアプリで本が買えないというのは忘れないようにしましょう。

参考⇒楽天koboで書籍が買えない原因と対処法

PCのkoboデスクトップアプリを使うとき

スマホはタップやスワイプで操作できますがPCだと操作方法が微妙に違ってきます。

例えばPCでハイライトをつけるときは、ハイライトをつけたい箇所を左クリックで選択。

選択するとメニュー画面が表示されるので『ハイライト保存』をクリックします。

一度付けたハイライトを外す時も左クリックをして『書き込みの削除』をする必要があります。

このようにアプリとPCでは微妙に使い方が変わります。

どちらも直感的に使えますが、使い分けるときは慣れるまで少し時間がかかるかもしれません。

楽天koboの使い方は簡単!最低限の機能だけ覚えればOK

楽天koboの使い方

今回は楽天koboで本を読むための使い方を解説しました。

まずは①買う本を探す、②買った本をダウンロードする、③本を読むという手順通りに進みます。

本を読むときは『(ⅰ)ページを進む,戻る、(ⅱ)読みやすいカスタマイズ、(ⅲ)しおりをつける』だけ覚えればOK。

感覚で使えるようにもなっていますが、上の3つだけでも覚えておくと最初から楽天koboをストレスなく使うことができますよ。

楽天⇒楽天koboの評判は?率直な評価と口コミを検証

コメント

タイトルとURLをコピーしました