ライアーゲームみたいな漫画7選!LIAR GAME好きにおすすめの似た作品

ライアーゲームみたいな漫画漫画の類似作品

ライアーゲームは、実写でドラマや映画化もされるほど人気の漫画。

ゲーム内でお金をかけた、嘘・騙し合いを行うサバイバル要素が強い作品です。

今回はそんな『ライアーゲームみたいな漫画』を選んでみました。

知能ゲーム・交渉や駆け引き・デスゲーム的な漫画を紹介。

今回紹介した漫画以外に似てる作品があったら、コメント欄にて教えていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

ライアーゲームみたいな漫画を探す前に!スピンオフ作品

まずはライアーゲームの関連作品を見てきましょう。

本編の漫画では描かれていないストーリーなども楽しめますよ。

① LIAR GAME roots of A 甲斐谷忍 短編集

ライアーゲームの著者が描いた短編集を集めたもの。

その中には、元天才詐欺師・秋山深一の若き日々を描いた作品もあります。

それ以外にも様々なジャンルにいる天才たちの、ギャンブルや勝負などをテーマにした短編集。

全ての短編集がライアーゲームに関係するものではありません。

ただ秋山と直が、過去に街ですれ違っていたシーンなどはエモいですよ。

U-NEXTのお試し登録をすれば、600円分のポイントをもらえるのでお得に読めます。

公式⇒LIAR GAME roots of AをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

② ライアーゲームの実写ドラマ・映画も内容が少し違う

フジテレビで実写ドラマ化・映画化もされたライアーゲーム。

主人公などの登場人物は、漫画の設定のまま反映されています。

ただゲーム内容だったり結末は、漫画とドラマ・映画で少し違うんですよね。

なのでスピンオフといか、同じ設定で別の物語を見ているような気がします。

もし漫画にこだわらないなら、実写ドラマ・実写映画も見てみましょう。

漫画ほど緻密な駆け引きはありませんが、スピード感があってハラハラしますよ。

ライアーゲームみたいな漫画①【ONE OUTS】作者が同じ

作品名ONE OUTS
作者甲斐谷忍
ジャンル野球・ギャンブル
出版社集英社
雑誌ビジネスジャンプ

あらすじ
“優勝に必要な何かが足りない” その“何か”を捜して、沖縄で自主トレに励む“不運の天才打者”児島弘道。そこで彼は一人の男と出会う。120km/hそこそこの直球だけで、賭野球“ワンナウト”で無敗を誇る男

ライアーゲームと同じ作者が連載していた漫画です。

テーマは野球ですが、そこで行われるのはギャンブルや駆け引きの要素。

なのでライアーゲームの騙し合いが好きな人はオススメです。

野球が詳しくなくても、その勝負の駆け引きにハラハラさせられますよ。

野球賭博をしていたという異例の経歴のピッチャーが、プロ野球で勝ち上がっていくストーリーです。

U-NEXTなら漫画を購入するほかに、ONE OUTSのアニメ版も視聴できますよ。

公式⇒ONE OUTSをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画②【カモのネギには毒がある】同じ作者が描く

作品名カモのネギには毒がある
加茂教授の人間経済学講義
作者甲斐谷忍 夏原武
ジャンルヒューマンドラマ
出版社集英社
雑誌グランドジャンプ

あらすじ
そこのアナタ、カモられてませんか――? 「カモリズム経済理論」が世界的に評価されている天才経済学者・加茂洋平。経済弱者が搾取され、騙される社会で、自らの経済理論を実践し、ペテン強者たちに毒を喰らわせる

こちらもライアーゲームと同じ作者が連載した漫画です。

世界観も似ているし、経済の世界でカモにされる人・騙す人を描いた作品。

ライアーゲームと同じく主人公が、騙される人を助けるという設定も似ています。

過去にニュースになったような詐欺事件を題材にしているので、勉強にもなりますよ。

U-NEXTのお試し登録をすれば、600円分のポイントをもらえるのでお得に”カモのネギには毒がある”が読めます。

公式⇒カモのネギには毒があるをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画③【無敵の人】作者が同じ

作品名無敵の人
作者甲斐谷忍
ジャンルヒューマン
出版社講談社
雑誌少年マガジン

あらすじ
日本最大のネット麻雀「雀仙」に突如「無敗」のプレイヤーが現れる! 彼の名は「M」。そんな「M」のイカサマ疑惑を突き止めるため、偽りの友情を装って近づく貧乏フリーター。だが、「M」の強さの秘密を知った時、彼への熱き友情が芽生えはじめ…。

こちらもライアーゲームと同じ作者が描いた漫画。

運要素が大きい麻雀で無敗を誇るプレイヤーという設定です。

絵はもちろん、そのジャンルで天才的な主人公という設定も似ています。

強さの秘密は意外なところにあり、麻雀を知らなくても読めるのが魅力の一つ。

U-NEXTのお試し登録をすれば、600円分のポイントをもらえるのでお得に無敵の人が読めます。

公式⇒無敵の人をU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画④【カイジ】デスゲーム設定が似てる

作品名カイジ
作者福本伸行
ジャンルギャンブル

あらすじ
京後、自堕落な日々を過ごしていたカイジは、ある日金融業者により、かつて自分が保証人になっていた借金を押し付けられる。そんなカイジは、負債者に借金一括返済のチャンスを与えるというギャンブル船「エスポワール」に乗り込み、生き残りを賭けた勝負に身を投じるが…

ライアーゲームのデスゲームでの駆け引きが好きならカイジがおすすめ。

カイジもお金や命など、人生をかけたゲームを繰り広げていきます。

ライアーゲームとは違い主人公はごく一般的な人。

でも漫画が進むにつれて、その異端さが見え隠れして、どんどん引き込まれていきます。

実写映画化もされているので、そちらから見るのもおすすめかも。

U-NEXTなら漫画を購入するほかに、カイジのアニメ版も視聴できますよ。

公式⇒カイジをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画⑤【クロサギ】騙し合いの設定が似てる

作品名クロサギ
作者黒丸 夏原武
ジャンルミステリー
出版社小学館
雑誌ヤングサンデーコミックス

あらすじ
世に三種の詐欺師あり。他人を騙し、金銭を巻き上げる“シロサギ”。異性を餌とし、心と体を弄ぶ“アカサギ”。そして人を喰らわず、シロサギとアカサギのみを喰らう“クロサギ”がいる。

人をだます悪い人を、逆に騙していく主人公を描いた作品。

ライアーゲームの騙し合いにハマったなら、クロサギも面白いはずです。

TBSのドラマでも2回実写化されるほど人気の作品。

詐欺師への鉄槌を食らわせる爽快感のある展開が魅力です。

U-NEXTのお試し登録をすれば、600円分のポイントをもらえるのでお得にクロサギが読めます。

公式⇒クロサギをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画⑥【DEATH NOTE】頭脳戦の駆け引きが似てる

作品名DEATH NOTE
作者大場つぐみ 小畑健
ジャンルミステリー
出版社集英社
雑誌少年ジャンプ

あらすじ
このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。死神 リュークが人間界に落とした一冊のノート「DEATH NOTE」。ここから、二人の選ばれし者「夜神月」と「L」の壮絶な戦いが始まる!! かつてないスリルとサスペンス!

天才たちの頭脳戦や駆け引きが好きならデスノートもテッパンです。

漫画だけでなくアニメや実写ドラマ・映画化もされた人気作。

天才同士の頭脳戦で、負けた方は命を落とすというスリルの中で情報戦が繰り広げられます。

もしすでに読んだことがあるなら、夜神とLの戦いの後を描いたスピンオフ短編集もありますよ。

U-NEXTなら漫画を購入するほかに、DEATH NOTEのアニメ版や実写映画も視聴できますよ。

公式⇒DEATH NOTEをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画⑦【かぐや様は告らせたい】

作品名かぐや様は告らせたい
作者赤坂アカ
ジャンルラブコメ
出版社集英社
雑誌ヤングジャンプ

あらすじ
「恋愛は告白した方が負けなのである!」 家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!!副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだがライドが高く素直になれない。“如何に相手に告白させるか”ばかりを考える“頭脳戦”ラブコメ

ライアーゲームの騙し合いに、恋愛要素を加えてコミカルにしたような漫画。

ダークっぽい世界観は0ですが、頭脳戦とラブコメを掛け合わせた作品です。

似ているという要素は少ないですが、読んでいてホッコリできる作品。

デスゲームを読み過ぎて消耗したら、こういったラブコメ漫画の駆け引きも読んでみてはいかがでしょうか?

U-NEXTなら漫画を購入するほかに、かぐや様は告らせたいのアニメ版・実写映画も視聴できますよ。

公式⇒かぐや様は告らせたいをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画⑧【ACMA:GAME】頭脳×心理バトル

作品名ACMA:GAME
作者メーブ 恵広史
ジャンルSF
出版社講談社
雑誌少年マガジン

あらすじ
高校3年・織田は、容姿端麗、頭脳明晰、運動神経抜群、財閥・織田グループの総会長でもある。そんな照朝の前に突如現れたのは、イタリアンマフィア・ベルモンドファミリーの御曹司、マルコ・ベルモンド。マルコが持ち込んだ“悪魔の鍵”によって、照朝の日常は一変する

世界観は全く違いますが、頭脳と心理戦を味わえる漫画です。

悪魔を使ったゲームですが、そこには人間同士の心理戦を描かれています。

主人公も頭の回転がよく天才肌なので、ライアーゲームと似ていますね。

絵も上手なので悪魔のシーンなどは見ごたえがあります。

U-NEXTのお試し登録をすれば、600円分のポイントをもらえるのでお得にACMA:GAMEが読めます。

公式⇒ACMA:GAMEをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画⑨【嘘喰い】命をかけたゲーム

作品名嘘喰い
作者迫稔雄
ジャンルギャンブル
出版社集英社
雑誌ヤングジャンプ

あらすじ
遊ぶ金欲しさに闇金に手を出し、取立てに追われる青年・梶くんの前に現れた謎の男・斑目貘。自らギャンブラーと名乗り、借金返済を手伝うと豪語する貘は、闇カジノへと乗り込むが…!?

ライアーゲームのデスゲームが好きな人には嘘喰いがおすすめ。

1つ1つの勝負に命をかけている主人公たちのスリル感が味わえます。

最終的には裏の組織との対決となり、どんどんゲームが壮大になっていきます。

最初と最後でガラッと世界観が変わる漫画ですよ。

デスゲームや緻密な駆け引きが好きな人は必見です。

U-NEXTなら漫画を購入するほかに、嘘喰いの実写映画も視聴できますよ。

公式⇒嘘喰いをU-NEXTで読む(試し読みも可能)

ライアーゲームみたいな漫画は以上となります。

もしライアーゲーム以外の漫画の類似作品も知りたくなったら、以下の記事も参考にしてください。

関連記事

スポンサーリンク

ライアーゲームについて!あらすじや読者の声

最後はライアーゲームについての確認を。

面白いと感じるポイントによって、おすすめする漫画も代わってきます。

① ライアーゲームのあらすじ!マンガだけでなく実写映画も

作品名LIAR GAME
作者ギャンブル
ジャンル甲斐谷忍
出版社集英社
雑誌ヤングジャンプ
連載期間2005年~2015年
シリーズ実写ドラマ・実写映画

あらすじ
ある日突然送られてきた小包。その中には現金1億円が同封されていた。30日後のゲーム終了日に、自分の所持金1億円を返還する。ルールはそれだけ。誰を信用すべきなのか、誰を信用してはいけないのか…。大金を前に揺れ動く、人間心理を描破した問題作!

② ライアーゲームの面白さは?ユーザーの声

ライアーゲームの面白さはゲーム内での駆け引きにあります。

さらにお金に欲を見た人間の本性や、人を信じる難しさなども描かれています。

駆け引きが好きならONE OUTSやデスノートがおすすめ。

人間の本性までも描いた作品なら、カイジやクロサギといった騙し合いの漫画も良いでしょう。

デスゲーム系の漫画であれば、ライアーゲームと同じようにハラハラして読み進めることができますよ。

スポンサーリンク

ライアーゲームに似た漫画はある!知能戦やサバイバル作品がおすすめ

ライアーゲームは完結しましたが、似た漫画はいくつかあります。

デスゲーム・駆け引き・騙しないなど、スリル感を持って読める漫画はまだありますよ。

類似作品

  • ONE OUTS
  • カモのネギには毒がある
  • 無敵の人
  • 賭博黙示録カイジ
  • デスノート
  • DEATH NOTE
  • かぐや様は告らせたい
  • アクマゲーム
  • 嘘喰い

ライアーゲームの作者は別の漫画でも、似たような騙し合いなどをメインにした作品を連載しています。

なので迷っているなら、まずは作者の別作品から試し読みするのがおすすめ。

もし今回紹介する漫画以外に似てる作品があったら、コメント欄にて教えていただけると嬉しいです。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました